夢日記 ○○すぎたな ※グロ注意!! 一部創作

1 / 6 ページ

※本稿には非常にグロテスクな表現が含まれております。御閲覧の際には十分ご注意くださいませ。

一部妄想修正を入れました。なので実際見た夢とはちょっと、いやだいぶ違うかも知れません。ですが大元は今朝見た夢です。

あくまでも感情は娯楽です。ですので楽しんでご覧くださいませ。

























夢を見た。

その夢の内容が非常に面白かったのでここに記そうと思う。












舞台はどこかの露天風呂テーマパーク。ゲーセンもあったり、ライブスタジオとかもあったり、実に用意周到な広いテーマパークだ。

俺がここに来た理由は辞めたはずのバンドサークルがここでライブするから。

つまり俺はそのライブのお手伝い。サークルの一員としてやってきたわけだ。

ライブの用意が終わり、ライブがスタート。

次々とバンドが取っ替え引っ替えで演奏する。

いつもこのサークルで思っていたことがある。











なんだか楽しめないな

なにやら俺の心はずっと空のままだった。

なんでだろう...。高校軽音楽部が懐かしいから?高校軽音楽部が照明が豪華だから?高校軽音楽部の仲間たちがめちゃくちゃ上手いから?高校軽音楽部の仲間たちが大好きだから?

そんな比較ばっかりでは意味ないな。こっちだってこっちなりに良いところがあるんだ。





ただ俺とは合わなかっただけさ。それだけだよ。多分。









随分と時間が経って、そろそろ飽きてきた。

唐突に



露天風呂に行きたい!

そう強く思った。何故かはわからない。

即断即決力があるのが幸いして、次のバンドのギター担当にその意を伝えた。

俺「ごめんなさい!今すぐにでも露天風呂に行きたいので、ライブを抜けてもよろしいでしょうか!?」 

ギター担当「うーん、もうちょっと見て欲しいんだけどねえ。それでもダメ?」

俺「はい!今すぐ行かなければならないので!」

ギター担当「しょうがないなぁ...。いいよ、行って。」

俺「ありがとうございます!!」





よくこんな説得でOKもらったな!!今の俺はしみじみそう思う。

早速風呂に出掛けた俺。更衣室はおじさんばかりであふれていた。

「なんだここ。おじさんばかりじゃないか。」

著者の登 淳也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。