会社で孤立した僕が民泊を始めて感じたこと

1 / 5 ページ

僕は大手のインフラ系会社に勤めています。


就職活動に一生懸命取り組んだおかげでとてもスムーズに内定をもらえました。



例えば、

先生に頼んで、グループディスカッションの練習を組んでもらったり、


アルバイトのコネを使って、その会社で働く人に直接話を聞いたり、


部活動の先輩をたどって、その会社で働く先輩に電話で話を聞かせてもらったり。



会社という場所を知らなすぎて不安で、とにかく中の人と話そうとしました。



その会社の社員さんの話は、インターンシップなど準備された場所よりもリアルな話を聞けると思ったからです。

 


しかし、僕が志望する会社を選ぶ基準は


ホワイト企業と呼ばれる会社で、

安定していそうで、

給料が高いところ。



今思えば、中をみたいと言いながら

外側ばかり見て選んでいました。




はじめて出勤する日

僕はワクワクしていました。



しかし、半年間の研修が終わってからも

配属が決まらなければ、自分が何をするのかも分からない。


配属が決まってからも、学校で学んだ内容が活かされているとは思えない。


そんな状況が続き

みんなの読んで良かった!