(2):小学生の頃(最初の不安症状?)/パニック障害の音楽家

1 / 3 ページ

前編: (1)生まれてから〜幼稚園の頃/パニック障害の音楽家
後編: (3):中学でバンドを始めた/パニック障害の音楽家

☆喘息の発作・母親のパニック発作(らしきもの):


今の子供は自意識がはっきりしていそうなので、幼稚園と小学校というのの違いを把握していそうな気がしますが、私の場合、思い出してみるといつの間にか小学生になっていたような感じがします。


ただ小学校に上がるにあたって、ちょっとしたトピックスがありました。それは雑誌のモデルになった事でした。本は「主婦の友」で、同社に知り合いがいた関係での出演となったようです。テーマは「小学校の入学に合わせて和室を洋室に改造する」というもので、両親が部屋を改造するシーンと私がその部屋にド〜ンといるシーンで構成されていました。


写真で見ると本棚にはお勉強関係の本が色々と並んでいるのですが、これは全部インチキで編集部が持って来たもの。実際に私が持っていた本はマンガばかりで、みっともなくて本に載せられるようなシロモノではありませんでした。


その後も何回かに渡り主婦の友のモデルをやっており、小学校5年頃に出たキャンプの写真は銀行の宣伝用写真にも使われたりしたようでした。おかげで小学校では本が出るたびに女の子達に取り囲まれたり追いかけられたりして悦に入っていたりして、ちょっと良い思い出です。


(主婦の友の記事)



私はこの頃から小児喘息になるようになり、発作を起こしては学校を休んだりしていました。当時、これを治すのに有名な医師が磯子におり、週1回そこに通うために学校を休んでいました。これは結構強力な薬だったようで、発作があっても注射をするとスッと症状が納まって行くのです。


また、吸引式の喘息治療薬メジフェラーイソもよく使用したが、こちらは発作時に一吸いするだけで、頭がクラクラっとして心臓の鼓動が早くなる代わりに、発作がおさえられ、気分はフヮ〜っとなって気持ち良くなってしまうという...小学生にしてブッ翔び系?!


ただ、小学校4年の頃、それまで1.5だった視力が急激に悪くなりだしたのですが、医師によってはその原因をこれらの強い薬の副作用が目に来たのだ、という見解を示す人もいました。ま、真偽のほどは不明ですが、あのクスリの効き方を考えると思わず納得してしまいます。


この週1回の医者通いの帰りには、たいがい注射のご褒美にプラモデルを買ってもらえました。家の中で何かを作るのが好きだった私にはこれはとても大きな楽しみでした。当時流行っていたのはサンダーバードやバットマン等のプラモデルで、レゴに続き段々とコレクションが増えて行き、またまたコレクター道まっしぐらという状況でした。


この頃にも母親が2回パニック発作らしきものを起こしています。1回は電車の中で急に不安になり、日吉(東横線)の駅のベンチで横になって動けなくなってしまいました。この時は帰りに救急車で家まで帰って来た記憶があります。


もう1回はバスに乗っていた時(私の喘息治療に行った帰り道)、バスの前を酔っぱらいが横切り、車が急停車したのです。私の左隣りに座っていた母は、その勢いで右に投げ出される形で私の膝の上を通り越し、バス最前部の支柱に鼻をぶつけてしまい、病院にかつぎこまれました。怪我はなんともなかったのですが、本人曰く不安症状が急に盛り上がってきてどうしようもなくなって倒れた、との事でした。


どのケースでも医師の処方は不安神経症という事で、安定剤を出してもらったようですが、発作が終わった後まで症状が続いているという事はなかったそうです。後になって私の症状がパニック障害であると判明し、関連本を母に見せた所、彼女も自分自身の症状は間違いなくパニック障害のものであった、と述懐しています。


そして私同様、母もまたパニック障害の後遺症である広場恐怖に悩まされる事になりました。電車で外出する事に恐怖を感じ、行動範囲が極端に狭まったということです。母がこういった症状になった頃、今のようには精神医学は発達しておらず、とにかく安定剤を処方されるだけだったそうです。


しかし、その辺は戦争をくぐり抜けて来た世代だけあり、この症状に根性で立ち向かったのだそうです。不安感を克服するため、少しずつ電車に乗ったりバスに乗ったりして遠くに行くように練習をし、心を慣らしていったのだそうです。本人に言わせると「ナニクソ!こんな事で負けてたまるか!」と強く思ったそうです。今で言えば行動療法を自主的にやっていたわけですね。結局、うちの母はパニック障害の症状は無くなり、広場恐怖も完全に克服してしまい、今では全く普通に生活して旅行なども楽しんでいます。


ただし、母は2008年頃に、ちょっとした体調の不良から再び症状が現れましたが、今度は心療内科に行って克服しました。最初は体の具合が悪いという事でお医者さんに通っていましたが、どうも症状がパニック障害っぽかったので、私が心療内科に行く事を勧めたのですが、そこに気づくまでの半年くらいの間に体重が10キロも減ってしまいました。心が体に及ぼす影響というのは本当に凄いものだと思います。



☆理科系な思考・マニアック人生に走って行くワタクシ:

さて自分の事に話を戻しましょう。喘息の発作があるとは言え、おばあちゃんっ子だった私は祖母と一緒に朝早起きをし、いたって健康的な生活をしていました。夜は8時くらいに寝てしまい、朝4時頃に目を覚まして祖母と一緒に近くの神社や森まで散歩に行ったものです。両親はと言うと、しっかりミュージシャン生活しており、朝私が学校に行くギリギリまで起きて来ませんでした。多分、私が学校に行った後にまた寝てたんだろうと思います。まあ祖母と一緒だったし学校から帰ってくれば普通の生活をしてたわけで別に不満があるという事もなく楽しく生活をしていました。とは言え、段々と階級意識が芽生えだした友人達の会話「うちのお父さんは課長だ」とか「部長だ」という会話にはついて行けず結構困りました。


父は元々、工業高校(現在の神奈川工業高校)を卒業しています。しかし在学中から授業にはほとんど出ず、出席だけとっては裏山でバイオリンを練習していたそうです。その後、鰐淵晴子さんのお父さんにバイオリンを師事し、バイオリニストになったと言うちょっと変わった経歴の持ち主でした。


その影響もあり、私は小さい頃から音楽と電子工学の両方に興味を抱いていました。電子工学の方はちょうどコンピューター(当時は電子計算機と言っていた)がいよいよ実用化し始めた時期で、こういった最新電子技術の書かれた本が私のお気に入りでした。そしてよく父が口にしていた「日本の映画は全体に予算が無くて、音楽制作費も安いから中々良いものができないんだよな」という言葉が心に残っていました。確かに日本のテレビ番組と海外のテレビ番組を見比べると、明らかに日本製は見劣りがしており、それは子供心ながらもなんとなく気が付いていました。そうした事からいつの間にか「人間を使うから予算がかかって良いものができない。ならば電子計算機を使って音楽を作ったら良いものが作れるのではないか?」と小学校低学年の頃から密かに考えるようになっていました。


そんな中、海外のテレビの方はアニメから人形劇の「サンダーバード」、そしてSFシリーズの先駆けでもある「ミステリーゾーン(トワイライトゾーン)」や「ウルトラゾーン(アウターリミッツ)」へと進化しており、日本式の勧善懲悪的ストーリーではなく、みんなが正しい事をやっているのに、ぶつかりあって悲劇が起こってしまう、という物語をSFの味付けで見せる番組に心奪われるようになって行きました。そうした番組を見ていて「機械と人間との関わり合い」というものに非常に興味を覚えるようになっていったのです。

みんなの読んで良かった!