33歳のフリーランスライターが、ある日突然「ハードコアラップ」を始めた理由。

1 / 9 ページ



 狭井悠(Sai Haruka)です。

 突然ですが、ハードコアラップ、始めました。


 今回のコラムでは「なぜ今、33歳のものかきがラップを歌い始めたのか」というお話と、3曲の楽曲をお届けしようと思います。


 わざわざこんな説明などしなくても、勝手に聴いてもらうのが音楽の自由さなのかもしれませんが、僕はこれまで長らく「ものかき」を自称してきたため、ものかきとしての僕を知る方は「そもそも音楽やってたの?」「なんで今になってラップ?」「ハードコアってどういうこと?」など、きっと疑問を持っているだろうなと。


 ちょっと自分の中での整理の意味も込めて、順を追って書いていきます。

 実は、僕の人生の中で、長く眠らせていた「音楽」の文脈があったのです。



ハードコアバンドに明け暮れ、音楽が好きだった過去


 僕は高校生の頃から大学生にかけて、ギターを弾いていました。本当にギターが好きで、当初はB'zの松本孝弘に憧れてギターを始めたのですが、イングヴェイ・マルムスティーンをYOUNG GUITARという雑誌の付録で聴いてから速弾きにはまってしまい、その後、パンテラやスリップノットに出会い、ヘヴィミュージックの沼に足を踏み入れることになります。


 そして、僕が高校生の当時(2000年〜2002年くらい)は大阪でギャングスタなハードコアバンドが全盛期を迎えていました。


 STRAIGHT SAVAGE STYLE、atmosfear、EDGE OF SPIRIT、Immortalityなど、とにかく大阪にはタフガイで怖くていかついバンドがたくさんいました。ちなみに、今では大阪ハードコアの重鎮となっているSANDも、僕が高校生だった当時はまだ新しいバンドだったと記憶しています。


 名古屋・東海ではヒップホップも含めたギャングスタ文化があり、CARUSARIのようなラッパーも在籍している異色のハードコアバンドや、DYING RACE、DEAD-REFORCE、BEYOND HATEといったマッチョなハードコアバンドまで多彩でした。


 東京にもNUMB、STATE CRAFTなどのニューヨークスタイルハードコアからニュースクールハードコアまでいろいろな種類のバンドがいて、それぞれが共存しているというよりも、どちらかといえば敵対し合いながら存在しているような、特殊な音楽シーンがあったのです。


 僕自身も当時はそのシーンの中にどっぷりとはまり、スキンヘッドにしてハードコアバンドのギターを弾いていた時期がありました。三重県の片田舎で、いかつい先輩たちの影に隠れながら、ゴリゴリとギターを弾いていました。ずいぶんと粋がっていた時代でもあります。幸いなことに喧嘩はほとんどありませんでしたが、飲酒、喫煙、その他(書けません笑)、一通り悪いことを覚えた時期でした。


 学校はいい加減に通いながら、大阪などにも遠征でライブをしに行ったり、サポートギターで参加した地元のバンドではEDGE OF SPIRITやImmortalityなどの有名なバンドと対バンさせていただいたり、とにかく毎日が楽しかったです。



高校生から大学、デスメタルにはまり、そして挫折する


 これ、初めて文面にするのですが、「デスメタルにはまり、そして挫折する」って、まるでデトロイト・メタル・シティの見出しみたいでなんか面白いですね(笑)。


 しかし、現実はそんなに面白いものではありませんでした。


 高校生で華々しいハードコアバンド活動を行い、京都の立命館大学へ進学。かなり音楽に入れ込んでいました。ただ、バンド内での音楽性の違いもその頃に激しいものになってきており、当時活動していた地元の先輩方と組んでいたバンドは解散することになります。


 そこから、立命館大学のサークル「ニューミュージック研究会」に入部して、いろいろとバンド活動をするのですが、そのあたりから自分のやりたい音楽が何なのかさっぱりわからなくなっていまいました。


 当時は完全にテクニカル思考になっており、プログレッシブデスメタル、メロディックデスメタル、ブルータルデスメタル、シンフォニックブラックメタルなど、とにかく速くて激しくて複雑で重たくて難しい音楽に憧れていました。気づけば、ジャンル名もどんどん長くなっていっていますね(笑)。


みんなの読んで良かった!