生きると決めた日、それを忘れた日々、思い出した今日。総集編

1 / 3 ページ

①現在


今、目が覚めた。

布団に沈む体、ほとんど動かない手足、首だけ回すと窓から見える空が突き抜けるように青い。

部屋の中に視界を戻す、ギターが4本、一番大事なギターがいない。


間も無くして昨日の出来事を思い出した。

単発のバイトの帰り、初対面の、しかも二回りほど歳上の女性から2500円と気持ちをもらったのを思い出す。

その場で現金支給だったが時給は安く、

その日給料の3分の一ほどに値するお金はとても大きく感じた。


別に特別なことをしたつもりはなかった。


彼女は言っていた。

「君自身が特別なんだよ。

そのポテンシャルを忘れてはならないよ。」

素直には信じられなかった。

自己投資と思って使った金は今活きていない。

俺は高卒で、就職もせずフリーターで、20歳を超えてから音楽を始めてしまったような大馬鹿だったからだ。


でも、覚えがあった。

その言葉は初めて言われた言葉ではなかったからだ。

そのような形でお金も、気持ちも初めてじゃなかった。

三年前、あのギターと日本中を旅をした記憶が蘇った。

その時の空模様と、汗で張り付いたシャツの感覚を、

旅の中であったたくさんの出来事を、

そしてその旅をするに至った、人との出会いのきっかけを

ただ、思い出した。


全ては事実だった。



3年前、7


当てのない旅を始めて7日目くらいの頃だったか、自転車がパンクした。

実は2日目から何度もパンクはしていたが、この時はタイヤごと裂けてしまっていた。

原因は交換が下手だったのもあるけれど、道が険しすぎたこと。荷物が多すぎたのはある気がする。


それまでの数日ですでに、千葉県から茨城、日立の山を超えて福島、そこからまた何度も山を越えて宮城、ようやく岩手にたどり着いたがまたすぐに険しい道

どうにも厳しい道のりを超えてきてしまっていた。

田んぼがたくさんあった道、土手でギターを弾いて気分を変えた。

下手すぎて話にならなかったけれど、気分は少し上がった。

たまに車が通り過ぎるが、ほとんど人通りのない田舎。自転車屋は近くになかった。

強くなかった俺は、100キロ以上離れたやっているかどうかもわからない店のためにギターを背負い、自転車を押しながら進める自信がなかった。

勢い出ててきたから金はほとんど持っていなかった。

辛い時、人はいろいろな苦しい過去を思い出す。


俺は2年前と昨年末の不幸を思い出す。

どうしようもない不幸を思い出して、更に自分は追い詰められた。


涙が、溢れた。


その時、後ろからクラクションを鳴らされた。



振り返ると小さなトラック。

おばさんと、若者。


おばさんは、俺のところまで駆け寄ると、


5000円札を俺に握りしめさせた。


君が歩いているのが見えた。

放っておかなかった。


名前も教えてくれなかった。

そのあと、若者(息子さんだろうか?)の車に乗せられ、盛岡の自転車まで自転車ごと乗せて連れて行ってもらった。


あまりの出来事にお礼の言い方すらわからなくなって号泣、「メンタル弱っ()

なんてお兄さんに笑われたのはよく覚えている。


そこからだったか、勇気を与える側になっていたことに気づいたのは。


お兄さんに当てを聞かれ、とっさに東北を回ろうと思っていると答えた。

それまでの数日でも、千葉から来たといえば大抵の人は驚いてくれたが、その人は驚かない。

「本州一週くらいしてくれねえと驚かない」と言われた。

東日本を回ろうと、決めたのはその瞬間だったが、新潟に差し掛かる頃には本州一周することを決めていた。


そもそもこの旅は、そういうことのための旅だったから。

自分探しでもなく、友達を増やすためでもなく、イベントやら何かの企画でもなく、

自分の小ささに、向き合う為の、人との出会いで心の底から変えるための旅だったから。

俺は付け替えたタイヤで、また何度も漕ぎ出していた。




5年前まで。



4歳か、5歳か、そのくらいの頃に親に離婚をされた。

親父が好きだった。

しかし母について行った。

その後は、父には一年に数回ほどしか会わせてもらえない生活だった気がする。

住んでいた祖母の家の前に来るのは珍しく、大抵駅のロータリーで待ち合わせた。


父については今でも思い出す。

絵がうまかったこと、

作る料理がしゃれていたこと、

シャレはつまらなかったこと、

言葉が不器用だったこと。




俺が10歳の頃に母は再婚、新しい父に育てられた俺は、苗字が変わり、別の人間になった。

学校を飛び出して何度も教職員に迷惑をかけたような、落ち着きのない俺を義父は厳しく育ててくれた。


それでも、どこか心に歪みを残していたから、その後のいろいろにぶつかってしまったのだろう



20歳になる年の頃まで話は飛ぶ。

その頃も俺はフリーター。9月までは19歳。未成年。

当時の俺はようやく鬱、躁鬱などの心の病との付き合い方を覚え、2年前高校生だった頃にあったたくさんの辛い思いとも折り合いをつけられた頃だった。


あらゆることに意味を感じられなくなっていた俺だったが、たった一つ、光明を見出した。


親父に親孝行をしようという考えを思いついたのだ。



二十歳になると人は成人する、そこで初めて、1人の大人として彼と深くやりとりができる

。新しい家族の一員の自分から一社会人になれる。

そうしたら自由に会える、関われるじゃないかと。

著者の佳貴 渡邊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。