第7回 日本の会社辞めて中国上海で働くまでの経緯。 【完】

1 / 3 ページ

前編: 第6回 日本の会社辞めて中国上海で働くまでの経緯。
後編: 第1回 ジョーと僕との上海生活。

KTVで出会った多多という女性とデートした。

上海のいわゆる観光地を見てまわる。

中国人は声がでかいなーとかエネルギッシュだなとか日本人が上海を観光すればおもうようなことを僕も一通り思った。

でも今思えば実は日本的な見方に偏っていたなと思う。


多多は僕の状況を非常に理解してくれていた。

別に仕事がなくて上海にきたわけでもないけど、

そのときは多多の言う本質を理解できていなかったけど、

「あなたかわいそうねー」

そう何度か言われた言葉が印象的だった。

KTVの女性がみんな良い人とは限らない。

騙されるかのような体験をした人もいるだろう。

でも多多には本当に上海に来たばかりの頃にはたくさん助けてもらった。


僕は2011年ゴールデンウィーク中、予定していた通り面接を受けて、とにかく走り抜けた。

結果的には内定7社いただいた。 

もともと語学面は、正直に伝えており、ごまかすこともなく素直に面接を受けた。

手ごたえ通りだった。

むしろ、中国語も話せない自分にここまで期待していただけたことに素直に感謝の気持ちと嬉しさがあった。

ただ言うまでもなく、内定は数ではない。

内定をいただいた会社で働く場合、自分にとってのメリット、デメリットを何かを考えた。

本当に多面的に考えてみた。

◆日本で営業を行っていたので、その経験を生かしたい。もっといえば、今までの経験が正しかったのかどうか比較するフィールドで一度働いてみたい。

◆まずは上海全体のマーケットを俯瞰して見れるような会社に入りたい。

そんな理由で上海で日本人が立ち上げた広告会社に入社することに決めた。


怒涛のゴールデンウィークを終えて、東京に戻った。

といっても以前にも書いたように、すでに自分の家はないので、

6畳部屋の仲間のところに。

彼の家の前で、僕は最後の最後まで言えなかった親に電話することにした。

退路を断つために仲間にも会社にも言っていたけど、親には言えなかった。

もと正確に言えば、親にだけは確実に内定が取れるまで言わないことにしていたのだ。

なぜか。

心配するから。

特に母親は何か心配事があると夜も寝れないタイプで、余計な心配をさせたくなかった。

今回は旅行に行くという事だけ伝えていた。


僕「元気?康明だけど。」

母親「元気だよ。上海から戻ってきたかね?」

僕「おう。無事に戻ってきたよ。」

僕「あのさー。。」

母親「どうせまたバカな事考えてるんでしょ」

みんなの読んで良かった!