Hi-STANDARDの音楽に魅せられた中学生が15年後ライブハウスのブッキングマネージャーになった話

1 / 11 ページ

Hi-STANDARDとの出会いは中学1年生。

そのころ頃俺は既に音楽が好きでギターもそこそこひけて、親父の影響でベンチャーズやフォークソングや当時流行ってたGLAYなんかをひいたり歌ったりしていました。

自分のまわりにはこの頃から音楽が好きな友達がたくさんいた気がします。

テンポもミディアムでなんならバラードが好きだった!

5歳から続けていたピアノの教室にその日も行こうと準備していた。小さい頃はマジで泣きながら練習して、いやいややっていたピアノも、この頃にはなんか楽しくなってた。

支度をしてる時に、数時間前に親友のエージが貸してくれたCDを聴いてみたくなった。

『これ、兄貴が貸してくれたんだけどやばいぞ!ハイスタって言うらしい!』

ふーんと思ってかりたCDをコンポに入れて再生すると、

聴いた事無い歪んだギターリフ、やばい歌声、半端じゃないドラム、そしてとにかく早い!!

震えが止まらなかった事を今でも覚えてる。

むしろ思い出すと今でも震える。

【ANGRY FIST】は今でも自分の一番大切にしてるアルバムです。

しばらく呆然としていたら、おかんが怒って

『はやくピアノ行きな!!!!』って入って来た笑

それからしばらくの間はハイスタしか受け付けない体になってました。

バンドをはじめる


中学生だからみんなそれなりに不良で、

タバコ吸って、茶髪にして、、お酒飲んで、、、

中学生らしい青春をおくっていました。

その当時自分の通っていた中学校は、世間的に"不良"がいっぱいいる中学校

(でも自分は真面目に塾に通っていた)

やっぱ不良は音楽が好きなんですね

みんなハイスタの虜でした

なんなら中学校のリレーでハイスタのCLOSE TO MEかかってましたからね

中学生はお金がないからよく町田の古着屋巡りに行っていました。

安くてカッコイイ服探すぞ!つって!

その当時の町田はカッコイイお店がたくさんあったんです。

今でも通っているのはSEEK&DESTROYですね!

みんなの読んで良かった!