難病と向き合う!!

1 / 7 ページ

後編: 続!難病と向き合う!!


CIDPという病気をご存知ですか?




”誰でも突如訪れるかもしれない不治の病。あなたは病気について深く考えたことがありますか?

私は持病を持つまで難病と言う言葉さえ知ることが無く暮らしてきました。もしもまだ、元気な身体でいられたら・・・そんなジレンマを持ちながら難病CIDPと闘病中の私のストーリーをご覧ください。”

※CIDPとは(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)の略語です。20万人に1人~3人の発症例で珍しい病気です。


適当な人生を変えた事とは?




義務教育を受け、普通高校を卒業した私は、父が営む建築関係の仕事をしながら職業訓練学校に通っていました。

仕事も順調で、国家資格2級を取得し、手職さえ持っていれば、これから先も安泰だと、派手に遊んでた時期も懐かしい。

飲み会・ドライブ・旅行など、正に幸せの絶頂期、仕事に必要な免許も沢山取得して、自信に満ち溢れた生活でした。

もちろん、様々な失敗も経験して、それをバネに頑張ることも忘れてはいません。

特に、お酒を飲んでの失敗談は星の数ほど溢れています。

高校時代の同級生とワイワイ楽しい飲み会を繰り返しては、面白い事の追及を惜しんだりはしません。

当てのないドライブで、あちこちの県にフラリ旅に出てみたり、意味の無いグルメツアーを決行したりの遊びたい放題の日々を送っていました。

そんな私に、人生の転機ともいえる事が起こりました。

遊んでばかりで、地元に何も貢献していなかった私が、地元の自警団に入団したのです。

規律厳しい団体で、すること成す事が重々しく息苦しい・・・

自由にできない生活が耐えられなくて、いつしかお酒に頼ることが増えていきました。

本当に弱い人間なのでしょう。お酒を飲むどころか浴びているような、もはやアルコール中毒状態になってしまったのです。

毎日のようにお酒に頼る日々、ある日、地元の先輩に誘われて、加入していた商工会の青年部がお祭りで生ビールと焼き鳥のお店を出店するので、遊びに来ればよいと誘ってくださいました。


みんなの読んで良かった!