転職大魔王伝「オレ、女子高生にデッサンを教える。」2

1 / 4 ページ

前編: 転職大魔王伝「オレ、女子高生にデッサンを教える。」1 

オレ、美術予備校の講師になる。

W先生のアトリエに入るにあたり、いくつかの条件を出されました。
・週5回、1日2時間くらいは高校生の指導をしてほしい。
オレ
結構短いな。まぁいいっか。
・生徒は全員女子校の生徒だ。変な気を起こすな。
オレ
約束はできません。が、留意いたします。
・余った時間は自由にアトリエを使って制作をして構わない。
オレ
ん?別に制作はしなくてもいいんだけどなぁ。
・もう一度、東京芸大を受験しなさい。
オレ
ん?それは別に構いませn… 構う!なんじゃそれ!なんじゃそれ!

先生…
本音はそこだったか…
ホント、泣きそうでした。
オレはホントに幸せもんだわ。
そして、学歴無しの予備校講師(半浪人生)が生まれたのでした。

オレ、鬼講師になる。

はすがない(-_-)
いざはじまってみると、受講生は全員女子校に通う女子高生。専門が「絵画」なので比較的大人しめ。
オレのような専門的な学校のコたちではなかったので、レベルはかなり低く、W先生も自由にやらせている感じだったので、基礎ができてないコがほとんどでした。
とにかく、絵筆は持たせずにデッサン(超得意)だけを重点的に指導しました。(それこそ鉛筆の削り方から矯正)
人数はMAXで10人くらいだったのですが、講師未経験のオレにとっては目が届くギリギリの人数でした。
何よりも...彼女たちを見ながら、自分も同じものを描きあげなきゃいけない(講師レベルのもの)というのは、なかなかハードでした。
ですが...

みんなの読んで良かった!