闘病生活の始まり!!

1 / 4 ページ

前編: 続!難病と向き合う!!
後編: 続!闘病生活の始まり!!

失って初めて分かることだらけ


仕事に追われて忙しい毎日を送っていた頃は長期休日がほしいと思うものです。

ましてやいくつもの団体に加入してると自分の時間が無いのです。


辛い失業と苦悩・・・それが現実


高校を卒業してから十数年かけて手職を身につけたのが全て無駄になってしまいました。


現在のように全てが機械化しているわけではなかったので、職人は重宝されていたのです。


勉強のために同業者の先輩のところを数軒持ち回りして学んだものです。


失敗は許されない、ミリ単位の計算の世界・・・


必要な資格もたくさん習得し、国家資格の2級まで取ることが出来ました。


時期的に1級の試験をうけることができると思った矢先の病気による失業。


十数年も頑張ってきたのは何のためなのだろう・・・


悔いていても仕方ないなのに・・・


悔しくて眠れない日が続きました。


もう過去のこととして置いていくしかりません。


支えてくれている人達の思いに応えなくては!!


必要最優先は、病気の状態を少しでも改善することしか道は無いのです。


CIDPの状態検査


神経難病の特徴を調べる検査ですが、まずは詳しい検査をするために、MRI検査があります。


小さな血管まで見れるように造影剤を投入します。


CTでも造影剤を使うことが多いのですが、どちらも同意書が必要です。


金属類を全てはずさないと磁場で干渉が起こるので注意です。


ベッドに仰向けに寝ると、ヘッドギアを着けて固定されます。


みんなの読んで良かった!