初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その2(全5回)

1 / 2 ページ

前編: 初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その1(全5回)
後編: 初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その3(全5回)
勝田声優学院は、1年目/基礎科・2年目/研究科というふうに分かれている。
基礎科の授業は勝田学院長が担当するのだが、
その補佐のような形で、元卒業生の若い先生(男性)が、
授業の一部を受け持っていた。
こ の 先 生 が 。
と に か く 厳 し か っ た 。
当時まだ30代前半くらいの若い先生だったのだが、
生徒に対して容赦がなく、本気でぶつかってくるのである。
ダメな者には面と向かって「ダメ」と言う。
例えば滑舌がダメな生徒に。
「何言ってっか全然分かんね ぇよ!」
「とにかく歯列矯正しな。そうしないといくら練習しても意味ねぇから」
※ 表情や容姿がだらしない生徒に。
「お前さぁ、服装なんとかしろよ。まずそのズボンがダメ。あと前髪も! 」
「眉毛が細すぎるんだよ」
デキる者には「その程度か」とケツを叩く。
例えば宿題(外郎売/滑舌)を一日20回
やってます!という生徒に。
「成果出てねぇだろ。ただ口に出してるだけじゃダメなんだよ。」
「ふーん。○○(←先輩の名)は50回やってるってよ?」
(※→容姿などは声優修行に関係ないのでは?と思われる方もいると思うが、「容姿の良さ」というのは現在の声優業界では非常に大事なファクターなのである。)
それから滑舌と同じくらい大事なのが、
標準語(アクセント)の完全習得である。
なので 、地方出身者は皆、普段の会話から標準語を使うように指示される。
授業が終わった後、先生と飲み会に行く。
これはどこの養成所でもよくあることだろう。

みんなの読んで良かった!