Vol.2『高校中退→夜逃げ→?』クズで波瀾万丈な話

では、その続きです。


こちらは前編↓

『高校で上の下クラスだった僕が、プロテニスプレーヤーを目指した』話



そんな毎日にホトホト嫌気が差して来たある日、上を見上げると、

向かいの建物に張ってある広告に目が止まった。







「通信制○○高校・願書募集中」


これは、、と思った。

「ここに移ればテニスに打ち込めるじゃん!」

ということで、早速両親を説得。


納得してもらうまでに3ヶ月ほどかかりましたが、

学校を休み続けて無理やり留年間近になるという奥の手を使い、

何とか学校を辞める事に成功した。(いや、始まりに過ぎないが 苦笑)


晴れてテニス生活という環境に移るものの、生活費は自分で何とかするという

約束だったので、

→朝・夕、週4回マックでアルバイト→テニスの練習体力トレーニング→就寝

というような


生活サイクルをしばらく送っていました。


住居は市営住宅を先輩と相部屋にて、頭は坊主の3ミリくらいな風貌だった。





休みの日はジムでカラダのメンテナンスしたり、

温泉入ったり、女友達も当然作れる環境ではなかったので、思春期なりに

出会い系サイトに目を輝かせたり。笑


そんな生活をしばらく続けていた矢先、





突然の夜逃げ。



毎日が辛くなり、家に帰りたいという気持ちが先行して

荷物をまとめて逃げました。

後日、お世話になっていたテニススクールの社長にはこっぴどくお叱り受けました。

(当然ですね、、)


申し訳ない事をしました。


その後、一体どうなったのか。。


−次回に続く–









みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。