STORYS.JP

寳槻 泰伸

「驚きと感動の種をまく」をコンセプトとした、探究型の学習塾「探究学舎」を運営。
http://tanqgakusha.jp/

ストーリーをリクエストする

寳槻 泰伸の人生のストーリー

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(

カテゴリー

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自

「耐える力」から「ワクワクする力」へ

「勉強がおもしろくない…」 誰もが感じたことのある不満だろう。 朝から晩までせっせと取り組んで、そのくせ将来役立つかもわからない。「だったらせめて面白かったら良いのに」と、誰もが不満を抱くもの。 それが「勉強」だ。 実際にその不満はデータにも表れている。 文科省が実施したアンケートによると、「勉強が好きか?」という質問に「嫌い」と答える割合は、小学生で半分以上、中高生で

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

こんにちは、探究学舎代表の宝槻泰伸です。 突然ですが、子ども(小学校1年〜6年)に「元素の世界(化学)」を面白おかしく教えるとしたら、あなたはどんな授業をしますか?? このコラムは、「人類の叡智と自然の神秘」をいかにして伝えるか、「驚きと感動」をいかにして感じてもらうか、「熱狂と興奮の渦」にいかにして巻き込むか、というミッションに燃える、とある塾長の実録奮闘記(悪戦苦闘記)である。 ※なおこのコラム

驚きと感動の元素編 第2章

こんにちは、探究学舎代表の宝槻泰伸です。 突然ですが、子ども(小学校1年〜6年)に「元素の世界(化学)」を面白おかしく教えるとしたら、あなたはどんな授業をしますか?? このコラムは、「人類の叡智と自然の神秘」をいかにして伝えるか、「驚きと感動」をいかにして感じてもらうか、「熱狂と興奮の渦」にいかにして巻き込むか、というミッションに燃える、とある塾長の実録奮闘記(悪戦苦闘記)である。 驚きと感動の元素

読んでよかったストーリー

永野 裕之
144
4

指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その2~音楽の論理≒和声進行の基礎)

前回の記事(その1)で 数学と音楽には論理を読み解くという点で共通点がある 、と書きました。そして音楽の「論理」は ハーモニー(和声) にあることも書きました。 そこで、今回は和声進行のの論理について、その基礎となる部分を書きたいと思います。 和音と和音記号 まずは和音と和音記号を学びましょう 下の楽譜はハ長調とハ短調の和音と和音記号です(出典: wikipedia ) 和音の機能 和音には機能(役
永野 裕之
755

指揮者でもある数学教師が語る『数学と音楽の共通点』(その1~プロローグ)

私は神奈川県にあります個別指導塾「 永野数学塾 」の 塾長 であると同時に プロの指揮者 としても活動をしています。上の画像は福島県の「 いわき交響楽団 」さんに客演させていただいた時のもので、下の画像はNHK(Eテレ)「 テストの花道 」に出演させていただいた時のものです。 よく色々な方から 「数学塾と指揮者なんて2足のわらじは大変でしょう」 と言っていただきますが、実は私の中では2つの全く別のこ
Abeshi Abelog
848
111

うつ病で休職してるけど、Twitterで1000RT達成したらうつ本を出版するという目標を作り、それから1ヶ月たったけど200RTしかいかなくて、心が折れそうになりながら、しょくぱんゆるキャラとか、Twitterで知り合った方々に励まされ、出版するまで頑張る28歳(男)の話

■はじめに はじめまして!おはようございます、こんにちわ、こんばんは!あべし(@honjituno)です!あっ、@honjitunoは、ぼくのツイッターのIDです(ぜひ探してみて下さい、しょくぱんのアイコンのあべしが見つかるはずです)!長い長いタイトルのお話に目をとめて下さりありがとうございます。 えっと、何からお話しようかな・・・。ところでみなさんはどんなきっかけで、このお話に興味を持たれたのでし
Ryo Kikuchi
1205
19

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(後編)

前回のあらすじ 高校中退をした僕は何事もなく部屋にずっといた。 YouTubeすごい! ブログ楽しい! インターネット最高!! そんなクソ野郎ライフを送っていて、果たして将来はどうなるのか!? 社会復帰はできるのか? 乞うご期待!! 突然やってきたチャンス 実は僕は音楽活動もしていまして、打ち込みで作曲をしていたんですね。 そのデモテープをレコード会社に送ったらすぐさま連絡があって「ニューヨーク録
Ryo Kikuchi
15508
12

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(前編)

このストーリーは読者に怒られるかもしれません まず始めに書いておかなければいけないことがあります。 ストーリーJPで書かれるのは 「こういう転機がやってきて、人生がこう変わりました!」 という話が多いです。 しかし、これから僕が書くのは、 「たくさん時間があったけど、何もしませんでした!」 という話です。 何も教訓はありませんし、読み終わって得るものはありません。 あなたが僕の両親なら「この野郎!!

書きかけのストーリー

寳槻 泰伸さんにもっと聞きたい話リクエストする

|