無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

1 / 5 ページ

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・


「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」


「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」


「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」



もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、

彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。


ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・


でも、

僕には、短冊に夢を書けない理由があった。


僕の人生を変える七夕になるとは、

この時点の僕は気づかず、


この時点の僕、


上場会社をクビになってから、人生に何年も迷い続け、

友人の家を転々としていた、無職な人。


人生、終わっている僕が、夢など書けるわけがない。


とにかく、、、、僕は、短冊を書きたくなかったのだ。



 ー ー ー ー



無職な僕が、彼女と出会い

七夕の奇跡から、「なりたい姿の描き方」を知って、

その子と結婚をして、代官山に住むまでの話です。


短冊に、夢など書きたくない。



そりゃ、そうだ。

当時の僕は、無職。手伝い程度に先輩のビジネスを手伝っていたが、報酬は、事務所兼マンションのオフィスに、泊めてもらえるという、現物保証の仕事しかしてなかったので、ほぼ、給料はゼロの状態。

ほとんどの生活費を、彼女に甘えながら生活している状態。


やる気はあるつもりだけど、何をやってもうまくいかない。というか、何もやってない。


人生、終わっているようなときに、僕はその彼女と出逢った。




そんな落ちぶれた僕でも、

一応、誇れる過去はあるつもりだ。 過去の栄光・・・


それまでの僕は、、、


群馬県群馬郡群馬町という、トリプル“群馬”が住所に付くほどの田舎で育ち、

超スパルタ教育の両親に耐えられず、一度は反抗するも、ちょっとした事件がきっかけで、

カリスマ予備校講師だったおじさんの元に預けられ、偏差値38から高校受験の時には、群馬県でナンバーワンと言われる偏差値72を超える超進学校に合格。

そこから、現役で六大学に進学し、あこがれの東京に出てきて、

大学生活は、テキトーに遊びながらも、要領良く、上場企業で平均年収が1,600万円!という

超ミラクル優良企業に就職する。


30,000人近く試験を受けて、超狭き関門を突破して、

平均年収1,600万円の超優良企業に入社した瞬間・・・こそが、僕の前半戦の人生のピークだった。


そこから、人生が壊れていくのに、3年もかからなかった・・・


入社したことに満足をした僕は、稼いだ給料をどう使うか?と、金曜日の夜から月曜日の朝礼ギリギリまで、どう遊ぶかしか考えない日々。どんなに成績が悪くても、日本国において、上場企業が、就労規定において、社員をクビにすることは、100%ないと、完全に、ナメていた。


そんな僕が、結局、自分から辞職。半分クビのような形で・・・


しかし、少なからず、成績が悪いとはいえ、世間一般的な20代がもらう給与の2倍近くもらっていた僕は、給与を低くする転職を考えることができず、


超、、、安易な発想で、、、、ホストになった。

上場企業を辞めた翌日から夜の世界に入った。

今考えたら、あり得ない職務経歴。


しかし、上場企業の夢の切符を無くしてまで挑んだはずのホストでも、一発逆転どころか、史上最低に稼げないまま逃げた。ホストであった2年間の客は、たったひとり!という、伝説のダメホストだった。


結局、ホストも続かず、25歳を過ぎて、親に仕送りを催促したり、友達の家を転々と生活をしていた。



完全に、ドン底ってこういう生活をしている人を言うんだろうね。



地元群馬の進学校を出て、

東京の六大学に現役で合格して、

超優良上場企業に就職。


そんな僕が、、、地べたを這いつくばって、生きている・・・



普通なら、努力するだろう。

普通なら、過去の成功体験から自分を信じて何かをやるだろう。

普通なら、せめて生活費くらいは日雇いやコンビニのバイトなどでなんとかするだろう。


しかし・・・


当時の僕は・・・・


完全に、諦めてしまっていた。




身体が動かないのだ。


「こんな生活、いやだーーーーー!!!!」

と、

夜、酒の力で、涙を流しながら、弄んぶほど有り余るエネルギーを全開にして

張り裂けんばかりに叫んだりはするものの。。。。


翌日は、笑っていいともが終わっても布団の中。

夕方くらいに、モソモソと起きだし、パソコンも携帯も持っていなかったので

暇つぶしは、クーラーの効いた図書館。


自己啓発書に出逢う


お金もなく、友達の家を転々としていた僕は、せめて、アルバイトや日雇いをすればいいのに、

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の只石 昌幸さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。