『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

1 / 10 ページ

「勉強する暇はありません」

高校時代、自分はバドミントン部に所属していた。丁度数年後にオリンピックの正式種目にもなるという噂もあり、自分はそれに出るぞ!とトレーニングをしていた。


自分は熱中するとそればかりやる傾向があり、授業中も筋トレをしていたりと朝から晩までトレーニングばかり、、、


そんな自分は当然、成績はよろしくなかった。

心配してくれた担任の先生は個人面談を開いてくれた。


先生 「このままでは進級も出来ないし、大学などにも進めないわよ」

ヤス 「自分は納得がいくまでトレーニングをしたいんです。残念ながら、勉強をする時間はなかなか取れません。授業を邪魔する気などはありません、ただ、自分にはやりたい事があるんです!」


自分は自分の気持を素直に話した


ここで素晴らしいことが起こった!先生が自分の気持を理解し、尊重してくれたのだ!

こうして私は公的に?勉強よりもトレーニングを優先し続けた。


ドクターストップ

星飛雄馬バリにトレーニングをしまくった。昼休みでさえも海岸に走りに出かけた。


海岸にカップルが並んで座っているのを見ても、「自分は一番になるんだ!世界一の精神力を得るのだ!女と付き合っている暇なんて無いんだ!」こんな事を考えながら走りまくった、、

夕方に走っていた時も、江ノ島の方に沈む夕日などを見ながら「おぉ!輝きがすぐそこに!自分の努力は必ず報われるのだ!」なんて一人で盛り上がっていた。


この時の私はまさに競争主義だった。


トレーニングでは体を鍛えるというよりも、精神を強くしたいという願望が非常に強かった

体格差などは埋めにくいだろうし、体で一番になることはあまり考えておらず、『精神だけではピカイチになりたい!』と考えていた。


この修行僧的考えは、いかに辛かろうが私にトレーニングを休ませることはなかった。

むしろ、辛い時こそ『さらにガンバレ!』と自分を追い込んだ。


結果、半年で体は壊れた


最初にスネのあたりの骨が痛くなり、それをかばうように走ることで膝も痛くなった。更には腰も痛くなり、40度位ひねると激しい電流が走った!


そして同じ姿勢でいると腰が痛むようになった。これは実はかなり大変なことなのだ!


授業中に座り続けることが出来ずに早退したり、夜も寝ている姿勢を続けられずに途中で起きて散歩したり、座ったりまた寝たり、、


走ると膝が痛かったりしたので、自転車でトレーニングを続けた。


そんな事を続けていたら、物凄く体が重く感じられるようになり、遂には学校の階段を登るのも手の支え(手すりを手で引っ張りながら)がないと出来ないようになってしまった、、、


まるでおじいさんの様だった、、、これがジョークではなく本当に!

みんなの読んで良かった!