『0点なんて最高じゃん!』何でも遊びにすることで、高3の半年で偏差値が31から75まで上がってしまった話 ~顔が輝かないようでは実力は発揮できないよ~

1 / 4 ページ

「勉強する暇はありません」

高校時代、自分はバドミントン部に所属していた。丁度数年後にオリンピックの正式種目にもなるという噂もあり、自分はそれに出るぞ!とトレーニングをしていた。


自分は熱中するとそればかりやる傾向があり、授業中も筋トレをしていたりと朝から晩までトレーニングばかり、、、


そんな自分は当然、成績はよろしくなかった。

心配してくれた担任の先生は個人面談を開いてくれた。


先生 「このままでは進級も出来ないし、大学などにも進めないわよ」

ヤス 「自分は納得がいくまでトレーニングをしたいんです。残念ながら、勉強をする時間はなかなか取れません。授業を邪魔する気などはありません、ただ、自分にはやりたい事があるんです!」


自分は自分の気持を素直に話した


ここで素晴らしいことが起こった!先生が自分の気持を理解し、尊重してくれたのだ!

こうして私は公的に?勉強よりもトレーニングを優先し続けた。


ドクターストップ

星飛雄馬バリにトレーニングをしまくった。昼休みでさえも海岸に走りに出かけた。


海岸にカップルが並んで座っているのを見ても、「自分は一番になるんだ!世界一の精神力を得るのだ!女と付き合っている暇なんて無いんだ!」こんな事を考えながら走りまくった、、

夕方に走っていた時も、江ノ島の方に沈む夕日などを見ながら「おぉ!輝きがすぐそこに!自分の努力は必ず報われるのだ!」なんて一人で盛り上がっていた。


この時の私はまさに競争主義だった。


トレーニングでは体を鍛えるというよりも、精神を強くしたいという願望が非常に強かった

体格差などは埋めにくいだろうし、体で一番になることはあまり考えておらず、『精神だけではピカイチになりたい!』と考えていた。


この修行僧的考えは、いかに辛かろうが私にトレーニングを休ませることはなかった。

むしろ、辛い時こそ『さらにガンバレ!』と自分を追い込んだ。


結果、半年で体は壊れた


最初にスネのあたりの骨が痛くなり、それをかばうように走ることで膝も痛くなった。更には腰も痛くなり、40度位ひねると激しい電流が走った!


そして同じ姿勢でいると腰が痛むようになった。これは実はかなり大変なことなのだ!


授業中に座り続けることが出来ずに早退したり、夜も寝ている姿勢を続けられずに途中で起きて散歩したり、座ったりまた寝たり、、


走ると膝が痛かったりしたので、自転車でトレーニングを続けた。


そんな事を続けていたら、物凄く体が重く感じられるようになり、遂には学校の階段を登るのも手の支え(手すりを手で引っ張りながら)がないと出来ないようになってしまった、、、


まるでおじいさんの様だった、、、これがジョークではなく本当に!


医者に行くと、『トレーニング過剰』だと伝えられた。スネの辺りも疲労骨折の手前だったらしい。


そして『運動はしばらく休みなさい』と伝えられた。そう、ドクターストップ^^


自分は鍛えれば鍛えるほど強くなると思っていたのだが、やり過ぎるとただ単に弱くなるということをこの時に初めて知った、、


友だちに誘われ、夏期講習に

高1で痛めた腰は高3になっても痛いままだった、、、。ジャンプすると激痛が走るので、飛ぶことも出来ない。

実は、運動ができなくなった私は高1の時にギターを始めたのだが、これもまたやりすぎて左手の調子が悪くなり、高3の時点ではギターからも遠ざかっていた。

そんな時、友達が学習塾の夏期講習に一緒に行かないかと誘って来た。

この誘いが自分の人生を変えることになる。

この時まで自分は勉強には残念ながら全く興味が無いままで、成績は進学すれすれだった。


何だかウルトラクイズみたいだな!

講習では模試などが行われ、その順位が配布される紙に書いてあった。

全国で何位、偏差値いくつと言うのが書いてあるアレだ。

これを見て思った。

うわ!何だこれ、全国の高校生が参加するウルトラクイズみたいだな!

運動もギターも出来ないし、いっちょ俺も『ウルトラクイズ』に参加してみるか!


自分はその塾に通うことにした。

皆が『受験勉強』と呼ぶものは、自分にとってはまさにゲーム、遊びだった

そう、そして好きなモノには熱中してしまう私の次のターゲットは『受験ウルトラクイズ』となったのだ。


面白く無いのにやっているの?!

学習塾ではすごい違和感を感じた。


かなり真面目な顔をして多くの人が教科書や参考書を読んでいる。

うん、かなり真面目そうだ。そう聞くと良いように聞こえるかもしれないが、、

眉間にしわが寄っている、、、 楽しそうにやっている人がそこにはいなかった、、、


どうも『受験に受かるためには勉強が必要なので、しょうがなくやっている』という感じだった

その光景を見て思った。


「こんなんだったらあっという間に自分が一番になっちゃいそうだな」


自分はずっと精神修行をしていたので、精神力だけには絶対の自信があった。


「オリンピック行くのに比べたら、受験ウルトラクイズで上位に行くのなんて簡単だろ!」

自分は本気でそう思った。


面白く無いのにやっている人と、「おぉぉ、おもしれ~!」と思いながらやる人とでは天と地ほどの差が出ることを感覚的に知っていたから、、


この時点での成績は、、、化学5点。物理12点、偏差値31だった。

自分にとってはその時点での成績なんかはまるで問題ではなかった


なんたってそれまで勉強にはただ興味がなかっただけなのだから^^

もちろん興味を持ってしまったら、成績なんてものはまるっきり違うものになるのはわかっていた


え?0点の方がずっと良いだろう?

他の受験生と自分では、まるっきり考え方も異なっていたのは面白かった。


友達は、模試の結果を見てショックを受けたりしていた。


友達 「うわ~、やべー、偏差値59だよ、、、早稲田E判定、、、こんなんじゃ受かんねえよ、、、」


他の大半の人もこのような考え方をしていたみたいだ。

隣にいた自分は言った。


ヤス 「模試なんて、点数が高くてもしょうがなくない?要は本番で受かればいいんだろ?むしろ、模試で100点なんて取れちゃうとしたら、時間の無駄だな。」

「俺なんて化学5点だぜ。でも、復習すれば次は100点取れる。すなはち、俺は95点分の儲けだな!模試で80点も取れちゃっていたら20点しか前進しない。俺は5点だから、かなり前進するぜ^^」


自分は本気でそう思ったのでそう言ったのだが、友達からするとその考え方よりも、その時点での私の偏差値の低さのほうが気になったようだ。


友達 「と言うか、、、今、偏差値31だろ?よくそんな余裕でいられるな、、、」

とは言いつつも、自分の性格を知っている友達は言った。

「確かにそうかもな、、。室田らしい考え方だな。」


君はどこも受からない!

自習室で嬉々として猛烈に勉強をしている自分の姿は塾のチューター(学校の担任みたいな感じの人)の目に止まった。

そして、その猛烈に勉強している私の成績を見て驚いたようだ。恐らくこう思ったのだろう。『こんなに勉強してこの成績、、、こいつ馬鹿じゃないのか?!』

そして言った。


「君はどこにも受からない!この時点でこんな成績で!」


明らかに馬鹿にしているような態度だった。

みんなの読んで良かった!

他3コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。