気仙沼に旅するきっかけになった一言 第3回(最終回)

1 / 3 ページ

前編: 気仙沼に旅するきっかけになった一言 第2回

写真は気仙沼漁師カレンダーです


12月を締めるこの言葉にすべてが集約されているわけですが

オモシロク復興させる


気仙沼を訪れる度に

前向きな言葉をたくさん聞けるのが

気仙沼を好きになる大きな理由

(ちなみにこの漁師カレンダー全国カレンダー展において、

経済産業大臣賞を受賞しました)




ボクが始めて気仙沼に始めて行ったのは2013年3月。

女性限定のコチラのツアーへの帯同でした

ハイ!ここで気づいた方はエラいです

よ〜く見てくださいね

女性限定のツアーへの帯同

です

つまりツアーの参加者はすべて女性、もちろん担当者も女性

そして気仙沼の受けいれる方々も気仙沼つばき会という個性的な女性軍団

え〜〜と ぼく男なんですけど、、、

そんな訴えは特に聞き入れられず

「女だらけ」ならぬ女性だけの団体に紛れての旅が

気仙沼の最初の旅だったわけです

帯同というか一応取材という名のカメラマンの役割だったのですが

でも今思えば最初の気仙沼でこれだけのインパクトがあったのが

大きかったのかもしれません


気仙沼は世界有数の漁師の街

それを支えるのは間違いなく漁師さんなわけですが

遠洋マグロ漁業の基地でもある気仙沼の漁師さんは

長くて1年以上の漁で陸地を離れるわけです

その間、気仙沼の家(HOME)を守るのは女性たち

なので強いのは当たり前、でも強いからといって男が弱いわけではない

漁師はヒーローなんだべ!

「あまちゃん」で主人公のあきちゃんが

「海女さんかっけぇ〜」と言ってますが

海で働くひとはかっこいい

のです

みんなの読んで良かった!