神様はバリにいた「一歩間違えれば死んでたのに何笑ってんの?」神という厄介な存在を知った、神々の島バリ島

1 / 11 ページ

「神様が見てるよ」


空を指で差しながらこう言えば、タクシーでもボッタくられないし、物売りにふっかけられる事もないよ、この国では。


ナシゴレンを食べながら、もうバリ島に来るのは3度目だという先輩が、


笑いながら教えてくた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




今から21年前、

23歳の時に生まれて初めて行った海外旅行は「バリ島」でした。


当時のぼくは、


パスポートは免許証を見せれば市役所で貰える。


成田空港に行く手段は成田エクスプレスしかない。


空港使用料が要るなんて、ドッキリだと思ってた。


そんな情弱で可愛い、バカでした。



海外に憧れはあったものの、ニューヨーク、パリ、ロンドンなどの最先端でお洒落な場所、

に興味があったわけで、アジアの南国には何の興味も無い人でした。

たまたま、当時の仕事関係で企画した「神々の島バリ島に行こう!」みたいなものにノリで参加しただけ。

ぼくの中でのバリ島は「たまにテレビで聞いいたことがある南国のリゾート地」くらいのテンションの低さだった事を、21年経って初めて、ここで暴露しております。



さて、


パスポートが出発3日前にギリギリ間に合い、


成田空港で北ウイングと南ウイングを間違え、


集合場所がわからず、泣きそうな顔をポーカーフェイスで隠しながら出発30分前に合流。(当時ケータイはまだ普及してなかった)


みんなの読んで良かった!