第9話 コップの水はどれくらい入っている?【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

1 / 27 ページ

前編: 第8話 人生を変えた1つの質問【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
後編: 第10話 人生を変えた旅ペルーⅠ【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

あなたのコップの水はどのくらい入っている?





作家さん
これは、まほちゃんのコップだよ。

まほちゃん自身の、うーんそうだな、
人間のコップ、という感じかな?



作家さん
今のマホちゃんは、今の自分は、
どれくらい水が入っていると思う?



私は、机に置かれたそのコップを見つめた。




   ー私のコップの水.....?




今私は、仕事もしてないし何も頑張っていない。

社会的には何も役に立ってない、下の下の方にいるのは十分分かっている。




そんな中、自分の水がいまどれくらいかなんて....。

言うのが恥ずかしくなった。0%に近いんじゃないか。




この質問に答えるのがすごく嫌な気持ちがした。



まほ
えっと、....このくらい、だと思う..。



そう言って、コップを指差す。

コップの底から少し上がったところ、大体30%くらいのところだった。




作家さんはそれをみて微笑んでいる。


みんなの読んで良かった!