「やってみせ、いって聞かせて、させてみて・・・」というお話 職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話 第4話

1 / 3 ページ

前編: 野菜嫌いを一瞬で治した話 職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話 第3話
後編: 「お受験は、親の受験!?」という話  職人パパが、娘と難関私立小受験に挑戦した話 第5話

小学校受験の科目に、

「ペーパー」というジャンルがある。

つまり、プリントを使ったテスト。


小学生以上だと、ふつうに受けているテストにいちばん近いので、

親にとっては、指導しやすい印象を受ける。


ところが、どっこい!!

その内容の広さは、無限大!


算数的な数のあつかい、図形的な知能(立体もふくむ)、

理科的な知識

季節の一般常識

昔話の常識 などなど。


●お日様がここにあると、どの陰が正しいでしょう?

●これは、海の魚でしょうか? 川の魚でしょうか?

●「かぐや姫」は何から生まれたでしょう?

・・・「簡単だな!」とパパ。


だけど


●「親ゆび姫」に出てくる動物は?

●この花は 大きくなったら、どの野菜ができるでしょう?

●この幼虫は、”さなぎ”になると、どれでしょう?

・・・となると、「むむ、どっちだ?!」という顔のまま、トイレに行くパパ。


算数的な数のあつかいも、

数字は、使わない、というか、使えない。

幼稚園児は、数字を知らない前提なので。


なので、3+2、みたいなことを・・・


「うさぎさんが、みかん3個持っていました。

りすさんに、みかん2個をもらうと、全部で何個ですか?

合ってている絵に、○をつけましょう。」


とお話で伝えて、

5個のみかんが並んでいる絵に○をつけたら、正解になる。

単純な足し算は、序の口。



「りんご1個は、みかん2個と同じ重さです。

みんなの読んで良かった!