勘違いした4年間

5 / 5 ページ

前話: 重圧から逃げた3年間


自分の中で完成を迎えたと感じた時点で止まってたのかも知れません。


もしくは先の環境で、さらなる進化をしたかもしれない。


それは今となっては誰にも分かりません。



ただ、あの”運命のいたずら”のおかげで「個」の次の姿が見えたわけですし

そういう意味ではベース踏み忘れた後輩には感謝してます。笑


というより、むしろ恨む事なんて到底出来ない理由があります。


その後輩というのは、僕の性格を完璧に理解した最高のキャッチャーでもありました。


強気な僕が弱気になるくらいさらに強気なリードで

無言で彼に引っ張ってもらいましたから。


リードで会話出来たのは彼だけです。


「森田さんならここに投げれるでしょ」っていう挑戦的な無言の言葉が毎回感じ取れた。


その期待に応えるべく僕も120%の力を出せたと思う。


最初はデタラメでボロカスでしたが笑


今でも僕は彼と組んだあのシーズンが一番楽しかったです。


また彼とならバッテリー組みたいくらいです。


残念な事に、僕が引退した後すぐ彼はキャッチャーを辞めました。


理由は楽しくないから。


そんな文字通り一心同体だった後輩を恨む事なんて出来ません。


ありがとう。


ベース踏み忘れてくれて笑


野球が教えてくれた事


僕が野球で学んだ事


・感覚を理論化する事の重要性

・既成概念を疑う事

・個の集合体が組織だと言う事


これらは今の僕を形成する大きな要素です。


そして野球を教える立場になった今、

さらに小学生にも分かりやすく説明しなきゃですから本当に大変です。笑



なんせ、大学生にすら理解されなかった僕の考えですから。



なので、当時とは比べ物にならないくらい研ぎすましてるつもりですが、どうでしょうかね。



もうこれから本気で野球をする事もないでしょうし、

多分受け入れれる人もいないでしょうけど

思想としてどこかで僕の野球学を継承していきたいなと思い、野球をひっそり教えています。



運動もろくに出来なかった少年が、

ここまで野球出来るようになったんだから立派なもんでしょ?笑


このSTORYを通じて、センスなんていくらでも創れるって事を少しは示せたかな。


だから、センスや才能を理由に夢を諦めるなんて事はやめようよって言いたい。


これは、縁あって最後まで読んで頂いた方への僕からの一方的なお約束です。


僕も僕の思想をこれから広めて行きますから、それぞれの道でがんばりましょう。


最後になりますが、今まで僕に携わって頂いた方々、ありがとうございました。


そしてこれからも迷惑かけますが温かく見守っててください。


最後まで読んで頂きありがとうございます。


それでは、機会があればどこかでお会いしましょう。


グラッチェ!

著者の森田 一也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。