22 min read

キング牧師の名言によって見つけた自分の生きる道

Picture?width=400&height=400
著者:
伊藤 正
1 / 8ページ

キング牧師 

歴史の授業などで名前は聞いたこともある方も多いと思います。

若い世代の方や歴史に詳しくない方は、よく知らないという人もいると思います。

アメリカの黒人への人種差別をなくし、権利を得るために活動した人物です。

1863年にリンカーン大統領によって黒人の奴隷解放宣言が出されましたが、

黒人は白人から差別を受けつづけ、トイレやレストラン、学校なども白人専用、黒人用と隔離され、

バスの座席すら黒人と白人専用席で分けられていたり、黒人の人権はない状況で貧困な生活でした。

キング牧師は非暴力主義の精神で、黒人の権利を得るための啓発活動やデモ行進やボイコットなどの運動を行いました。しかし、黒人は白人の警官などから暴力を受けたり、差別主義者に殺されてしまう人もいました。それでもキング牧師は非暴力を貫き、差別をしていた白人もその様子に心を動かされて、

1963年に行われたワシントン大行進は参加者が20万人を超える大規模なものとなり、黒人だけでなく白人も参加して、首都ワシントンのリンカーン記念堂の前で歴史に残る“I Have a Dream”(私には夢がある)の演説を行いました。

世論を動かすことになり、翌年、ジョンソン大統領政権時に黒人に権利を認める「公民権法」が成立しました。

そして、その活動が認められ1964年ノーベル平和賞を受賞しました。

ノーベル平和賞は世界で認められなければ受賞できない権威ある賞です。

公民権法が成立されてもすぐに差別はなくならず、社会風土は変わらない部分もあり、黒人の選挙権獲得のための運動などを行いました。

しかし、彼は39歳という若さで暗殺されてしまいました。

キング牧師の活動は歴史に残るものです。

黒人初のアメリカの大統領。オバマ大統領も演説でキング牧師の言葉を引用しました。

また、アメリカではキング牧師の栄誉を称え、キング牧師の誕生日(1月15日)に近い毎年1月第3月曜日を「マーティン・ルーサー・キング、ジュニア・デー」(Martin Luther King, Jr. Day)として祝日としています。

これだけ読むと、私はアメリカが素晴らしい国だと思いこんでいると誤解されるかもしれませんが、

アメリカも問題が色々とあると考えています。また、キリスト教の信者でもありません。

ただ、社会問題に対して勇敢に立ち向かった、キング牧師の活動を尊敬しています。


キング牧師の活動や名言によって、私は自分の生きていく道を見つけることができました。

私は、社会不安障害(SAD)という精神疾患を小学生で発症して、

病気の症状や精神疾患への偏見や差別により、ずっと苦しい思いをしています。

精神疾患患者に対する差別や偏見は日本だけでなく世界中にある問題で、体験者でないと理解が難しいかもしれませんが、精神疾患というだけで、偏見や差別を受ける社会風土があり、ある意味人種差別と似ている部分があります。


社会不安障害(SAD)という病気は多くの方が知らないと思います。

日本国内で推定患者数300万人以上という研究者もおり、世界中に苦しんでいる人がいる病気です。

続きはこちら

社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事をしていた話。そして精神科治療の問題点について1 社会不安障害(SAD)の説明及び小学校、中学校編