元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話

1 / 3 ページ

後編: 元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話2

第一章 ロサンゼルスに着いて2週間で現地の美術教室でワークショップ開催を決めた話


2017年1月11日から1年4か月に渡る地球一周アートの旅に出ています。


1月     ロサンゼルス → イマココ

2月     ニューヨーク

3~5月   フィンランド(トゥルク)

4~6月   ルーマニア

9、10月   フィンランド(マンッタ)

11~翌年5月 上海


私は2013年から、いろんな人から絵を集めてつなげ、1つの大きなアート作品をつくるというプロジェクトをやっている。空のように世界に一つしかないものを一緒につくろう、という意味合いで、SORAプロジェクトと名付けている。下絵として描かれた線画に、線を無視してもいいから自由に絵を描いてもらい、あとで並べると、線がつながって1つの大きな作品になるというものだ。


すでに1400枚を超えるほど絵が集まり、高さは2.1メートル、幅は43メートル以上になっている。

始めた時には、まさかこの活動がこんなに大きく育つとは、想像もしていなかった。

これも絵を運んでくれたり、画材を提供してくれたり、協力してくれる人たちのおかげだ。


2016年までに、さまざまな人の協力のもとに8か国(日本、タイ、ウガンダ、スペイン、ロシア、ドイツ、スリランカ、バヌアツ)から絵を集め、ロサンゼルスでもどこかで活動できないかと思っていた。


私がロサンゼルスに来たのはこれで2回目。

初めて来た3年前には、知り合いは一人もいなかった。

今でもそんなに多いわけではない。

だけど遊びに来たら必ず会ってくれる友人が、本当に少しだけできた。


こちらに来てから2週間、私はロサンゼルスのギャラリーに足を運ぶとともに、現地で活動ができそうな場所を探していた。


多くのメールには返信がなかったが、一つの美術教室から連絡がきた。


「うちには大きすぎるプロジェクトだけど、こういうところを調べてみたら」


その言葉をきっかけに調べた2つの美術教室から「興味深い、一度会いに来ないか」という連絡をもらった。最初の1つはウェストロサンゼルスにある美術教室で、オイルペイントやアクリルを使った具象画などの指導を行っている。もう何十年も、この場所で美術教室をやっているという。


ディレクターさんは、面談の前に私のホームページも見てくれていたようで、プロジェクトのことをかなり理解してくれていた。


どうしたらいいのか、と聞かれて、私は見本にと持参した下絵を預け、仕上がってから取りに来るように頼むことにした。ディレクターさんは快く引き受けてくれた。


もう1つはほぼ同じ場所にある子ども向けのアート教室。

こちらはインターナショナルに子どもたちを受け入れていて、写真を見せながら、これまでの活動について伝えると、翌日にワークショップをやらないか、という提案をもらった。


私自身、自分がワークショップに参加できることを望んでいたが、実際にできる場所が見つかったことに驚いた。聞くと、月の終わりでクラスの入れ替えがあり、タイミング的にもちょうどよかったとのこと。話が一番いい方向に進んだのがうれしくて、私はこの日、駅までスキップしながら帰った。


翌日、私は日本から持参した画材を持ち込み、子どもたちに画材の紹介をしながら、絵を描いてもらった。ワークショップが始まる前に、ディレクターさんがご両親に写真を見せながらプロジェクトの説明もしてくれ、ほんの少しでも、アメリカに暮らす人たちに、プロジェクトを知ってもらえたことを本当に本当にうれしく思った。


みんなの読んで良かった!