ヘルプを征するものがホストを征する 

2 / 4 ページ

前話: ~初キャバクラ~ それが営業。
次話: Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら


要するに来店率低下防止。


自分を安売りしないということですね。



など色々お約束事が増えたわけです。


うちの店はキャッチもしないし、


ナンパも禁止。



と、非常に紳士的な店でした。



『お前らどんな時もうちの看板しょってんだからな』




とかなんとかよくGさんに言われたっけw



ほんと外では悪い事?なんかできませんでしたね。






と、そのSの改革が落ち着いた頃。




県下最大級の広さの箱に店が移ることが決まり、




(100坪以上あった気がします)







↑イメージです。



それに向けて下っ端ホストの基礎レベル上げが始まりました。




それもSの改革の一つでした。



暇な時間に、接客のシミュレーションをするんです。



お客役は上司ホスト・・・・・




 


それだけで緊張するのに。(汗



と、そこで叩き込まれたのが


『ヘルプを征する者はホストを征する』


これスラムダンクでも似た言葉がありましたねw




『リバウンドを制するものは試合を制す』




桜木花道






って、話がそれましたが。



要するに




「二番手を極めろ」ってことです。



ちょっと難しいかもしれませんが、



二番手というのはヘルプという事。




ヘルプの仕事としては




テーブルの上を常にきれいにしておく。


会話の提供。


指名ホストがいない間のつなぎ。




などなど、最低限これはできなければいけません。



しかし、極めることができると


著者の流川 ゆさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。