世界最高のリベンジNo16

前話: 世界最高のリベンジNo15 
次話: 世界最高のリベンジNo17



これは・・・

何と、私の実家の方向に伸びている。

実家の一山超えた場所を通り3時間掛かって、ドライブして

帰りは私の実家の近くの道を通って帰っていた。(約2時間位の場所)

「ラゴン、いい度胸してる!

デートコースを私の身内が一杯居るホームを選ぶなんて!考えられない。」


それとも、 

「こちらに見えますのが嫁さんの実家で、ここが嫁さんの姉の家で・・・」とか、

ガイドでもしながら走ったのか・・・。

ムカムカしてきた。

頭の中で、プチプチプチッと、何かが切れていくのが分かった。

「慎重に確実に!!」と、自分に言い聞かせた言葉も何処かへ飛んでいってしまった。

そして、またもや、

よせばいいのに言ってしまったのです。

「ちょっとラゴン、今日何処行ってた???」

私  「私の実家の近くで、ラゴンの事見たって人が居るんだけど!」

    「もしかして、私の実家方面に行ってた?」


ラ  「え?行ってないけど!」

悪びれた様子も無く、平気な顔で嘘を言った。

私 「でも、車も同じだし確かに間違いないって言ってたけど~~~??」

ラ  「人違いやろ!」

あまりにもあっさり否定されて、これ以上何も言えなかった。

もっと焦る様子を期待していたのに、拍子抜けした。

あれ?みまもり君間違えたりしてないよね~? と、疑うほどの演技。

主演男優賞ものだ!

またもや、私の失敗。 探偵事務所クビ!

でも、本当はこの時 ラゴンの心はバクバクしていた。

そして、この私のフライングが原因で、

ラゴンの警戒が始まったのです。


表向きは冷静に振る舞っていたラゴン。

でも、心の中では 何処で誰に見られたんだろう・・・・?と、

ヒヤヒヤしていたに違いない。

そうでなければ、

「何でや!俺は今日〇〇へ行ってたのに。そんな所におるはずないやろ!」 くらいの反論はするはず。

でも、何の収穫もなく・・・。

やはり、調子に乗って聞いてしまった私はバカだった。

痛恨の極み・・・。 

でも、まだこの時は平静を装うラゴンを見て、キツネに騙されたような

「実際どうだったのよ~??」 と中途半端な気分だった。


その次の週は、平日も毎日GPSを付けておいた。

2~3日過ぎた頃、ラゴンの車が会社を出て国道を通って帰宅を開始した

近くまで帰ったと思うと、すーーと通過。

家を通過した先にはお店や立ち寄るところは何も無い。

GPSはどんどん遠のいて行き、かなり離れた隣町の方向へ。

これはおかしい。

そんな所に用事があるはずがない。

きっと何処かで停車して、暫く不倫相手と密会をするはずだ!

人里離れた方向へGPSを付けたラゴンの車が進行していく。

よし!!

この距離なら、上手く行けば現場に行けなくも無い・・・

そして、言い逃れが出来ない証拠をGET出来るかも・・・。

が、その時、大変な事が起こった・・・。

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo17

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。