世界最高のリベンジNo17

前話: 世界最高のリベンジNo16
次話: 世界最高のリベンジNo18

「ピーー」???

場所を確認しようとしたその時、

ピー と音がして、

プツンと切れてしまった。


まさかの、みまもり君、電池切れ
     
     マジか!

せっかくのチャンスが水の泡。

この失敗で、みまもり君の充電は4日経つと早目に充電すべき!!

と分かった。

その後、平日は動きなし。

次の土曜日。

ラゴンは何処へ行くとも言わず(いつもだけど)

しら~~と、家を出て行った。

その日、私は家に居たので、見守り君を細かくチェック。

何だか、ストーカーみたいで嫌だな・・・。

好きでも無い相手を追いかけてるなんてバカみたい。


でも、辞めるわけにはいかない。

ラゴンの車は、倫子の家とは逆の町の アパートの駐車場に車が止まった。

その場所から、4時間くらい動かない。

友達の家にでも行っているのか?

こんな所に友達居たっけ??

その日は 帰るまで移動は無し。

な~んだ、今日はデートじゃなかったんだ・・・。残念。

一週間後の日曜日。

少し買い物でウロウロした後、又同じアパートの駐車場に車が止まった。

この近くに〇〇ホールがある。

いつも同じ場所に車を停めているので、

バンドの練習をしてるのかも??と思った。

でも、徐々に・・・

「もしかしたら不倫相手は倫子じゃなく、このアパートに住んでる他の人かも?」

と思い始めた。

もし、他の相手なら多分私が知らない人。

旦那さんが居るかどうかも分からないし、

年も分からない。

そして、アパートに住んでいるのなら、ホテルに入る証拠写真は難しくなる。

思い描いていた計画は徐々に崩れようとしていた。

・・・予想外の展開だ・・。

この頃、私は仕事がとても忙しかったせいで、

GPSが動いた日時と場所だけチェックしていた。

毎回、同じアパートの駐車場。

ラゴン自身にGPSを付けていれば、

入ったアパートの部屋番号も分かるけど

車ではお手上げ状態だった。

そういえば、ネットの探偵さんも書いて居たな~・・。

アパートで不貞行為をされると、一番厄介だって!

いくら決定的と思っても、他人の部屋の中までは踏み込めない。

部屋に入った写真を撮っても、「会いに行っただけ!」とか、

「用事があったから寄った!」とか、「部屋の中には他の友達も居た」とか!

何とでも、言い訳が出来るんだって。


こうなると、足も手も出ない。

とにかく決定的証拠をGETしなければ・・・。

ヤバイ・・どうしよう~~。

そうこうしている内に時間は過ぎ、ある日曜日

仕事帰りにラゴンのGPSの場所を見た。

やはり、相変わらず同じ場所。

少し時間があったので、

ふと、その場所をグーグルアースで見てみた。

すると、思いもよらない事実が分かった。

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo18

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。