シェアハウスに住む僕が感じた4つのハードル

1 / 3 ページ

前編: 一人暮らしの僕がシェアハウスを選ぶ3つの理由
後編: シェアハウスに住む僕が心がけている3箇条
こんばんは、ぐです。
前回はシェアハウスのメリットを書きました。
  • 今回はシェアハウスのデメリットを赤裸々に書きたいと思います。
  • シェアハウスは1つの施設に大人数が住みます。
    住人が多くなればなるほど、色々な事が出てきます。

    僕が内覧をした際に感じたシェアハウスのハードルは4つありました。

    • プライベートが無くなる
    • 相性が悪い人がいる
    • 見知らない人がいる
    • お金がない人が住んでいるという偏見がある。

    1.プライベートが無くなる


    シェアハウスによっては、家に帰ってきても自由にできない場合があります。
    ドミトリー(相部屋)や、廊下を通るだけで帰ってきたことがわかるところなど、様々です。

    また、壁が薄いところもあり、他の人の生活音でマイペースに暮らせない場合もあります。
    いつも下着で歩いている人やシャワーあとに裸族な人は気を使うことになります。

    2.相性が悪い人がいる

    人によってはどうしても反りが合わない人が居ます。
    話をしていて好きになれない人、性格的に合わない人はいるものです。
    当たり障りの無い形で話をするか、避けて通るしかありません。
    シェアハウス内でお互い大人な対応ができる人であればよいのですが、たまに空気がよめない人もいます。
    小規模なシェアハウスだと致命的です。

    3.知らない人がいる

    大体20部屋を超えると、知らない人が出てきます。
    リビングに行かないとどうしても知らない人が多くなり、
    そのまま部屋で一人暮らしと一緒の住み方、
    状況によっては、一人暮らしより疎外感を感じます。
    シェアハウス内での社会性が必要になります。

    4.お金がない人が住んでいるという偏見

    親や、少し年齢が上の方にシェアハウスの話をすると「流行ってるあれね!」と言われます。

    みんなの読んで良かった!