ど田舎にできた高校アメフト部がたった2年で関西大会に出た話(先ず一歩を踏み出す)

4 / 6 ページ

 

 こうして、Mの念願であったフットボール部を作ることが決まった。しかし、僕たちはこれから先、具体的に何をどうすればいいのか全く見当がつかなかった。当然、しばらくは、何もできない状態が続いた。

ただ、アメリカンフットボール部を作るという意気込みだけはあった。フットボールの宣伝をしようということで、僕が昼休みに「カレッジフットボール・イン・USA」のテーマソングになっていたレコードをわざわざ学校から自宅まで取りに帰って、みんなに聞かせるというようなこともやった。

また、Tは、絵がプロ並みにうまかったので

「お前、フットボールの絵を描いて、それを教室の窓に張っとけ」

と他の4人にいわれて、画用紙にフットボール選手の絵を描いて、自分たちの教室の窓に張ったりもした。

もちろん、そのプロ並みの絵は、廊下側の窓に外から見えるようにして、窓が埋まるほど何枚も張られた。そして、その絵のヘルメットには「岸川よろず」とか、「臼井ジャスコーズ」といった調子で同級生の名前をもじったチーム名が大きく書かれていた。

 

そんなことをしながら2週間くらい経ったある日、Sが、偶然にも体育のU先生が大学時代にフットボールをやっていたことを聞きつけてきた。

Sは教室に入ってくるなり、少し興奮ぎみに4人を集めて早口でいった。

「体育のUな。日本体育大学でフットボールやってたらしいで。頼んだら顧問してくれるんちゃうやろか」

Sは、明るくて、笑うとめがねの奥で眼がまんまるになる。Sには子供がそのまま大きくなったような無邪気さがあった。

「ええ・・・、あのUがフットボールしとったんか。想像できひんな。そやけど今、女子ソフトボール部の顧問をしとるで。グランドで女の子と結構楽しそうにやっとるし、それにあの先生、女の子が好きそうやし、頼んでもあかんのとちゃうやろか」

Zが、心配そうにSの方を見た。

Zは、体も小さいが、気も小さい心配性だ。名前が文であることから、ブンと呼ばれている。

Zの言葉にみんな、うーんと黙り込んでしまった。

「ブン、やってもみんで心配してもしゃあないで」

「ほな、どないするん」

僕の言葉にZが口をとがらせた。

「フットボールをやっていた先生なんか、なかなかおらへんし、ひょっとしたらUも本当はフットボールをやりたいんかもわからんで。そう思わんか」

「まあ、頼んでみるだけ、頼んでみよか。他に頼る先生はおらへんのやから」

僕は、Zの肩を軽くたたいた。

「そやな。他におらへんのやし」

僕たちはすぐにその気になった。

 フットボール人口の少ない中、しかも田舎町で、関東一部リーグの日本体育大学でフットボールを経験した人物が見つかるとは幸運だった。

 

その日の放課後、僕たちはさっそく体育教官室にいるU先生のところへ、顧問のお願いをしに行くことにした。

 三木高校は、街中から外れた山を削った斜面に建設されていて、南から北へ向かって階段状に校舎が並んでいた。校舎の東側には南から北へなだらかな坂道が走り、その坂道の頂上付近の右側がグランド、左側が体育館となっている。そして坂道を上りきったところの左側が体育館前の駐車場になっている。

この駐車場の南東の角と坂道の間が雑草の生えた土の斜面になっていた。

生徒たちは体育館に行くのに近道をして、よくこの斜面を通っていたので、そこだけは雑草が生えず土が踏み固められて階段状になっている。

そしてこの斜面には、よくU先生が黒いレイバンのサングラスをかけ、白のTシャツに赤いランニングパンツを履いて、仁王立ちでグランドを眺めていた。体育館の南の角に体育教官室があったからだ。

僕とMが入学式に初めて先生を見たのもその場所だった。

体育教官室とは、体育の授業の準備室として、体育担当の先生が授業の前後に使う部屋のことだ。

U先生は、この体育教官室を自分専用の部屋のように使い、ほとんど職員室にはいなかった。授業のないときはもちろん、授業の合間でも牢名主のようにこの部屋にいた。自分専用の個室があるようなものだった。

 

僕たちは少し早足で、教室のある棟の3階の北側から亘り廊下を渡って、体育館の角にある体育教官室に着いた。

そして、ドアをノックするなり、待ちきれずにドアごしに声をかけた。

「先生、お願いがあるんやけど」

するとすぐに中から、かすれた声で、返事が返ってきた。

「誰や、まあ、入れや」

そういわれて中にはいると、中から何ともいえない香ばしい匂いがした。見ると、U先生が赤のランニングパンツ姿で、炭を真っ赤にいこらせた七輪に金網を載せ、その上でにんにくを焼いていた。皮をむいただけの大きなにんにくの塊は、網の上でキツネ色に焼けて、香ばしい香りを放っていた。

にんにくをまるごと焼いて食べるのがU先生の日課だった。

「先生、俺らはアメリカンフットボールをやりたいねん。先生、大学でフットボールしとったんやろ。顧問になってくれへんか」

著者の岩崎 吉男さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。