ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(最終回)

前話: ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(12)

「今までどおりにやる」ことに対して反抗していた10年前の俺

2005年の夏頃、日経新聞の全国版1面に実名(小林 佳徳)で出た。

知人の旦那様が日経の社員だったということで、当時、インタビューを快諾。


ただ、マスコミは時に、「あることないこと」どころか「ないことないこと」書かれても文句も言えず、世間に出てしまえば取り返しはつかないことも多いというが、そのリスクも覚悟の上の実名でのアピールを、あくまで企業(ライブドア)のためではなく、自分がやりたいから、受けてみた。


記事中では「寝袋で会社に泊まる日もあるが、自分が企画した事業をやり遂げる充実感は格別という」とあり、これは当時の心境としては、嘘偽りはなかった。


思えばこの頃から、”みんな、もっと、一人一人が思うように働いて欲しい!”、と思いからのアクションだったのかもしれない(今となっては出来過ぎているが、コーナータイトルは「働くということ」


そして、先日、STORYS.JPから出た2冊めの書籍でも書かれているが、働く上で最も大切なこととして「充実感」をインタビューの中で挙げていることに、今でも違和感はない。



遠い大昔。きっと「生きる」=「働く」だった時代

人が、動く、と書いて「働く」。


毎日毎日をただ生き抜くために、狩りをして、暖をとって、危険から逃れて、明日を待ちわびる。

そのために人は動いていた。そして、それが働くということだったのだと思う。



そしていつしか、人の動き方はどんどん複雑になり役割が細分化され、どんどん便利な時代になったことで、ただ生きるために働く必要はなくなってしまい、それゆえに


なんのために働くのか?

という疑問が生まれてしまった。


だから、「働かざるもの食うべからず」、という諺は、今の時代にはもはやそぐわないのかもしれないが、だがしかし、やはり「生きる=働く」という側面があるかぎり、働かずに生きていることができたとしても、それは”生きている、というよりは、生かされている”、ということではないだろうか。


だから、今、なんのために働くのか見つけられない人は、今一度、「なんのために生きるのか」、という誰しも一生に一度は持つ疑問と向きあってみて欲しい。



生き方の数だけ、働き方があるはず

ホリエモンの「ゼロ」の中でも、働くことは生きる上で非常に大切なこととして、と触れられている。


全てのサラリーマンは、サラリーを得るためだけに働いているのではなく、「自分は、こういう風に生きたいんだ」ということを表現する機会が、便宜上「働く」と呼ばれているということだ。


つまり、生き方の数だけ、働き方がある。


そんな風に『働く』ということに対する見方を変えることができれば、明日からの会社でのいつもと同じように見える仕事も、きっと輝いて見えてくるのではないか。そんな風に思う。


おしまい。


【お知らせ】このストーリーに大幅に加筆修正した書籍が、2014年8月20日、STORYS.JP書籍化第3弾として宝島社から発売されました!



サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の小林 佳徳さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。