華僑大富豪の懐に入ることができた最初のキッカケは「素直さ」を持っていたことだった

1 / 5 ページ

前編: 憧れの南国アーリーリタイアしてみたら暴飲暴食で激太りしただけだった件(笑)



実は、今まで周りにヒタ隠しにして来たことがある。僕は周りの誰にも言って来なかったが、とある「秘術」を使って、現役サラリーマンとしての業務。さらには、アフター5のビジネスの世界で活動して来た。


だから僕は、現役サラリーマンとしても普通の日本人では成し得なかったレベルで華僑に入り込み、華僑の本場のフィールドの中で大きな結果を叩き出すことができたし。


アフター5(ファイブ)の1日2時間程度の活動の中でも、香港とか中国本土とか、日本居住者たちから見れば人里離れた辺鄙な場所に住んでいたにも関わらず、巷の経営者たちに勝るとも劣らない結果を叩き出すことができたのだ。


僕これまで水面下でコッソリ使ってきた「秘術」とは、一体どんな「秘術」なのだろうか?


恐らく、僕と共に歩んで来た方々程疑問に思うはずだ。。。「なんでこんな普通の感じのやつが、こんなことができるのだろうか?」


大抵、僕にはじめて会った人たちは、僕のあまりにも平々凡々な普通っぷりに、「こいつはできないやつだ・・・」と先入観で決めつけてくる。


けれども、つき合っていく内に、平凡なはずの僕が、普通ではない結果を叩き出せてしまうことに、疑問を持ち始める。。。僕自身、これまで何度も体感してきたパターンである(笑)。


・なぜ、一介のサラリーマンに過ぎなかった僕が、毎日2時間ほどの副業としての活動だけで、億単位のお金を稼げるのか?


・なぜ、サラリーマンの父、地方公務員教員職の母という、平凡な家庭で生まれ育った僕が、次から次へと、本物の情報をもたらしてくれる、大富豪たちや神がかった秘伝を秘め持つ人たちを、引き寄せられるのか?


・なぜ、独立起業後も、一流のパートナーたちに囲まれて、彼らからの助けを得ることで、多くの人たちを魅了するビジネスを構築し遂行できるのか?


・なぜ、海外の僻地とも言われる辺鄙な場所に住んでいるにも関わらず、誰よりも先回りする形で、大きな人の流れが生まれる場所を読み、そこに待ち構える形で、先にビジネスを構築すできるのか?


・なぜ、大きな失敗をしながらも、致命的なレベルには至らず、失敗から得た経験を、自分の力に取り込み、新たな産みの原動力に転換できるのか?


たとえば僕が、香港大富豪や中国大富豪、100億円不動産王、物販大富豪など、数々の大富豪と巡り合い直接訓えを受けたり、グランドマスターや、黒田先生や、ドクターサイなど各道での異常な能力を持つ方々と巡りあい直接訓えを受けたり、サラリーマンでありながら@SOHOを一人で構築した鬼才平城寿さんと盟友としてパートナーシップを組んだり。これらの、事実だけでも、冷静に考えただけでも、引き寄せ具合が普通ではないと理解頂けるはずだ。


特別な家庭に生まれ育ったわけでもなく、威圧感も凄みも無い、一見どこでもいる、どちらかと言うと影の薄い普通の人間にしか見えない僕が、よいしょよいしょでは、特別な力を発揮して結果を叩き出せるのはなぜか?


種(タネ)の無い手品が無いように・・・当然ながらこれらの結果を出せた背景には、カラクリのようなものが存在する。


・・・僕は「華僑大富豪」たちから「秘術」を学び、それを活用して来たのだ。


そして、その「秘術」は・・・実は「華僑」と呼ばれる人たちから直接教わって来たのだ。2003年~2010年までの間「華僑」の中でも特に、大富豪として暗躍している方々から直接。


「郷に入れば郷に従え」。僕はこの「華僑の大富豪」たちから教わった「秘術」を、そのまま使ってみることで、本業の中ではさらに深く「華僑」の中に入り込み、アフター5の活動の中でも、通常なら決して出会うことのない方々を引き寄せたり、大きな結果を叩きだしたり、前進するための力とすることができたわけである。


・「華僑」に入り込んだ
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」から教わるようになった
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」とのやりとりで活かした
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」の懐にもっと入り込めるようになった
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」からさらに深く教わるようになった
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」とのやりとりで活かした
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」の懐にもっと入り込めるようになった
 ↓   ↓   ↓ 
・「華僑」からさらに深く教わるようになった
 ↓   ↓   ↓ 
<<以降繰り返し>>

簡単に図式化すると、こういう具合である。


これまで「秘術」に特化する形で語って来なかったのは、それぞれの出元が違っていたこともあり、全ての「秘術」がバラバラになっていて、体系化されていなかったからだ。

みんなの読んで良かった!