地獄の債務整理体験談 ~闇金、出会い系サイト、出会い系パーティ潜入、風俗で竹の子剥ぎに遭遇、マルチ商法に引っかかる、パチンコ釘師へ転職、パチンコ釘師とは?業務内容暴露、そして借金完済~

4 / 17 ページ

・・・・・・・・・・・

「ありがとうございました。サインをお願いします」

買えた! ! !

この赤いカードでソフトが買えたことで、僕はある秘策を思いつく。

今思い出すと馬鹿なことをしていたなーとつくづく思います。

その秘策とは、赤いカードでプレステ2 を買い、すぐ売る。

その当時、プレステ2 は定価とほぼ変わらない値段で売れたのです。

キャッシングと同じじゃん!

68

そう思った僕は、早速次の日、プレステ2 を購入し、近所のゲーム

屋で売りさばいたのでした。

ほとんど一人買い取りや状態。

冬の半額セールとかになると、冬物のブランドコートをカードで購

入したり、

もう買いたい放題。これが、悪魔の取立ての始まりでした。

ショッピング限度額は1 0 万円。

カードを作って約3 、4 ヶ月でその限度額近くまで来ました。

月々の支払いは、約5 0 0 0 円、3 0 0 0 円、4 0 0 0 円、計1 2

0 0 0 円位。

3 ヶ月目までは、遅れず支払いしていましたが、

4 ヶ月目。5 0 0 0 円と3 0 0 0 円は支払ったのですが、4 0 0 0

円が払えない!

カードの支払いが2 7 日くらいなのに、給料日が月末のため、どう

しても払えない。

で2 8 日。ちょうど日曜日でした。

家の電話が鳴ります。

男の人でした。

「はい」

「○ ○ さんいますか? 」

「僕ですが」

「○ ○ さん4 0 0 0 円支払い遅れているんですよね」

「すいません、給料日が3 0 日なもので」

「今日中に支払って下さい」

「今日は無理なんです、給料日まで待ってもらえませんか」

「今日中じゃないと困るんですよね」

「でもほんとにお金なくて」

「今日中になんとかして払って下さい」

「いやでもほんとにお金ないんで」

「○ ○ さん、購入頂いたものの代金はしっかり払って頂かないと困

るんですよ」

「はい、わかってます、だから払わないといっているわけじゃなく

て、給料日まで待って・・・」

「今日中じゃなきゃ困るんですよ」

「でも今日お金作るのは無理なんで」

「なんとかしてくださいよ」

69

ここらへんからいい加減僕も切れてきました。

「給料日には支払いますから待ってもらえませんか? 」

「○ ○ さん、購入した服とか着てるんでしょ? だったら払って下さ

いよ」

「だから今日は無理ですよ どうやってお金作ればいいんすか」

「○ ○ さん、購入した服とかもってるんでしょ? 」

「は? 買ったもん売って金作れっていってんすか? 」

「そこまではいってませんよ。でもお金なんてすぐ作れるでしょ

う? 」

「はあ? どっかで金借りて払えっていってんの? 」

「そうはいってないでしょう? 」

「そうゆうふうに聞こえんだよ」

「別にそうはいってないですよ ただねいろいろあるでしょ? お金

作る方法なんて」

その時は午後5 時でした。

「もう夕方ですよ? どうやって金作れってんだよ どっかで借りて

来いってゆうふうにしか聞こえねーんだよ! 」

「だからそうはいってないいでしょ? うちはとにかく今日中に払っ

てもらわないと困るんですよ」

とゆうやり取りが1 時間続きました。

その人が言うには、ショッピングは延滞金が取れないから

今日払ってもらわないと困ると・・・

上記会話は、あんまり覚えてないので、少し作ってありますが、で

も大体こんな感じです。

とにかく、今日払え! しかいわない。

絶対待たない。

きりがないので、1 時間後、電話切りました。

払えないものは払えないから。

親にももう借りれないし。

( 債務整理中の人はわかりますよね? 親に迷惑かけっぱだから)

で、結局3 0 日に4 0 0 0 円支払いに行きました。

結局、その電話のあと、丸○ の赤いカードは使ってません。

たぶん使えなくなってるだろうけど。

そんなこんなでカードがなくなりました。

70

■ 第9章 債務整理中の出来事 お金が足りない!

お金が足りない。

これは債務整理中はずっとそうでした。

それもそのはず、給料の3 分の2 以上は支払いで消えるわけだから。

しかも、最悪なのは、銀行のローンを債務整理から省いたこと。

これが、日々の生活をかなり圧迫してきました。

携帯の通話料金も月2 万弱と馬鹿にならず・・・・・

そして、とうとう弁護士さんに支払う3 分の2 を使ってしまいまし

た。

ああ・・・・

支払い期日を1 日過ぎ、悩んだ挙句、競馬で増やすことを決意。

そして撃沈。さらに痛手を負い、なくなく弁護士さんへ電話しまし

た。

「すいません、今月のお金なんですが・・・・」

事情を説明すると、事務員の人が

「ああ大丈夫ですよ。○ ○ さんはいままで一度も支払い遅れてない

、今月はいつもの半分でも大丈夫ですよ」

天の声でした。それなら、もっとはやく相談すればよかった・・・

と安心して家へ帰ると、赤紙が!

「? 市役所? 」

そう! 税金を支払え! と市役所からの催促。

貯まりにたまってなんと1 0 万円。

はらえるか!

そして月日は流れ・・・・

赤紙が5 枚を数える頃。

ぴんぽーん。

日曜の昼下がりでした。

「○ ○ さんですか? 市役所の納税課の者ですが」

「・・・・はい。」

「○ ○ さん、税金がね、2 期分支払われてないんですよ」

と言われ、とりあえず、現状を正直に話しました。

すると

「じゃあ、分割でもいいですよ」

しかし、分割もつらいので粘って粘って・・・・

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のYamamoto Yuriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。