23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

1 / 14 ページ



そっか、あなたは○○をしたかったんだね。





この出会いがなければ、僕は死んでいたかもしれない。



はじめまして!心の事をお仕事にしながら、旅を続けるライフスタイルをしている西勝ユズルと申します。




タイトルのとおり、僕は社会人1年目の時に“うつ状態”となりました。そして、半年で完治をするという経験をしていくのですが、その時に家族や友人など、様々な方から、涙のでるような言葉を何度も頂き、僕はスピード良く社会復帰することができました。




そして、僕のように悩んでいる人たちのために、今のような活動をしています。




その感謝の気持ちを込めて、書いていきたいと思います。もし、うつや自殺を考えてしまっている方や、将来の夢がなくて諦めそうな方、ぜひ読んでみて下さい。





お姉さんとの出会いは、大学4年生の春。



「キレイなお姉さんは好きですか?」



と質問されたら、何人のメンズがYES!と答えるだろうか。恐らく内閣の支持率よりは大幅に高い。ちなみに、そんなCMを見ながら僕は「そんな愚問な…!」と思い月桂冠の月を買うような人間だ。




さて。当時、僕はどこにでもいる、大学4年生だった。おいしい事に、筆記試験で受験をパスした経験がなく、高校受験は内申点でスルー。そして大学へはエスカレーターという何ともステキなご身分である。恐らく、そんなご身分だからなのだろう。内部進学者として、大学時代からは“焦り”を持ちながら毎日を過ごしていた。




みんなの読んで良かった!