『明日 死んでもらうために、今日1日だけ生きてもらう』 ~小さな命を抱きしめたお話~ 

1 / 10 ページ

「明日、死んでもらうために、
 今日一日だけ生きてもらおう」



そう思って、

その3つの命を僕は胸に抱えました。



そう。


一日だけ。

 


明日“処分”してもらうために……


 



ちょうど2年前、我が家の納屋で、

野良猫が子ネコを出産してしまいました。

 


「おいおい……

 めんどくさいことしてくれたな(- -;」


 

最初、見つけたときは、

本当に“お荷物”が降ってきた感じです。

 

ですので、即刻 保健所に

“処分”を依頼するつもりでした。



 我が家は全員 ネコ嫌いだし……


 てゆーか、アレルギーだし……

 


「“処分”なんてヒドイ!!」



みんなの読んで良かった!