『明日 死んでもらうために、今日1日だけ生きてもらう』 ~小さな命を抱きしめたお話~ 

1 / 4 ページ

「明日、死んでもらうために、
 今日一日だけ生きてもらおう」



そう思って、

その3つの命を僕は胸に抱えました。



そう。


一日だけ。

 


明日“処分”してもらうために……


 



ちょうど2年前、我が家の納屋で、

野良猫が子ネコを出産してしまいました。

 


「おいおい……

 めんどくさいことしてくれたな(- -;」


 

最初、見つけたときは、

本当に“お荷物”が降ってきた感じです。

 

ですので、即刻 保健所に

“処分”を依頼するつもりでした。



 我が家は全員 ネコ嫌いだし……


 てゆーか、アレルギーだし……

 


「“処分”なんてヒドイ!!」



「そのまま、外に放して

 生かしてあげればいいのに」



というお声もあるかもしれませんが、

近所では、野良猫がゴミを散らかす

被害も増えています。



もし放してしまえば、

更なる被害につながるでしょう。

 


「“処分”しかないよな」

 


親ネコには逃げられてしまいましたが、


捕獲した赤ちゃんネコ3頭を抱きながら、

僕はそう決断したのでした。

 


「こーゆーのは、

 行政機関にしかるべく

 対処していただくのが一番」



ということで、担当部署に問い合わせ。




が、


その日はたまたま、

受け入れをしていない日だったのです。



「仕方がない……明日にしよう」



と、捕獲した3頭の子ネコと

一日を過ごすことになりました。




ですが、様子を見ていると

どんどん弱っていく上に、

こちらもどう接していいかわからない。


 

「仕方がない……

 少なくとも明日まで生きられるように、

 動物病院で診てもらって世話の仕方を聞こう」


 

たった一日生かすためだけに、

病院へ行くなんて、金銭的にも

時間的にも時間がムダなコストです。

 


明日には無くなる命なのに、

ハッキリ言って意味がありません。



「でも、保健所行くまでに死んだら、

 なんか……キモチワルイやん?」

 


「自分の家におるうちに

 死んだら……イヤやん?」



そんな話を妻として、病院へ行き、


オシッコの出し方や

みんなの読んで良かった!

他2コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。