Two feelings 2章[蒼い希望]

1 / 4 ページ


「ほら、新入りを紹介する!一旦集まれ。」

蒼き防衛団の基地内。新屋田の声が響き、作業などを行っている人が手を止め集まってくる。

「ほら自己紹介しろ。」

「え?意味がわからないよ。」

「名前と意気込みを言うだけだ。簡単だろう」

「そっちじゃない!」

反論は虚しく、新屋田に無視された。蒼き防衛団の人たちが全員集まり、静かになる。

(これ、もう逃げられないよね)

「え、え〜と。その、椎名 遥です。よろしくお願いします」

すると蒼き防衛団の人たちが一斉に拍手する。

「おう!よろしくなー」

「ちびすけ。しっかりやれよ!」

(ちびじゃないし!)

そして新屋田は僕の右肩をポンと叩き、こう言う。

「あとは彼奴らに任せる。わからないことあったら聞いておけ。」

(無責任なッ!)

と思ってしまう僕だが、仕方ない。しぶしぶとその場から離れた。

すると、前方から蒼き防衛団の人が3人僕に近づいてきた。

眼鏡を掛け、歳が60くらいの人。蒼き防衛団の制服は着ていない。

もう1人は、制服の上に白衣を着用している40歳くらいの人。右目が蒼い。

「博士のティナだ。よろしくな」

「医師のルイです。よく会うと思うのでよろしく。」

3人目。どこからどうみても蒼き防衛団の人。20歳くらい。

「蒼き防衛団A班の部隊長、ギリナだ。どこの班に行くかは知らんがよろしく。」

「あの、すいません。御手洗いはどこに?」

「ギリナ。連れてってやれ。」

「ちっ。ティナがそう言うなら仕方ない。ほら、新人。来い。」

「じゃあ私は、患者の治療が残ってるので失礼しますね」

ルイは先早に去っていった。

「ティナさんはこれからどうする?」

「ほう。とりあえず重要書類の見直しですかな。」

「成る程。では頑張って下さい。」

「あの、御手洗いに」

「新人。黙れ。」

(酷い)

ティナも何処かに行き、ギリナと僕だけになる。

「御手洗いに連れてってやる。感謝しろ。そして覚えろ。」

「は、はい」

僕はギリナの後ろをついて行くように歩いた。

「ほら、念願の御手洗いだ」

「ありがとう。じゃあ行ってきます。」

僕は素早くトイレに駆け込んだ。

「助かったー」

その後、用を足した僕はギリナがいる場所へと行った。すると、真剣な顔つきでギリナは話し始める。

「お前の配属だが、フェルア様から先程ご連絡があった。A班の所属だ。足手まといになったら見捨てるから覚悟しておけ」

「そんな無茶言わないで。新人だよ?」

僕はギリナに寂しそうな目で見つめる。

「クズか。お前は」

ガーン。

「ごめんなさい」

「お前の寝るところはA班の宿舎だ。先に行け。」

「わかりません!」

「これだから新人は嫌なんだ」

右後方から新屋田が歩いてきた。口角が上がった優しい表情で。

「ギリナ。椎名とは上手くいきそうか?」

「いらない。」

「ま〜た。また。嘘をつくな。これはいい物だぞ。」

「物ならここに置いておくな。邪魔だ。」

「ギリナ。椎名が泣きそうだ。やめてやれ。」

著者の高橋 ひろりんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。