【第11話】『生きた証を残して』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

7 / 8 ページ

前話: 【第10話】『ゴールは決めない』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第12話】『答えを出さなきゃ…』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

そう決めた。



人生で、初めての野宿。


危険なのか?

凍死するのか?

おまわりさんに捕まるのか?


不安はいっぱいだが、何事も経験。


やってみなくちゃ、答えは見つからない。



人生で一度くらい、野宿した経験があってもいいじゃないか!



野宿をする場所は、「道の駅はくしゅう」



日本の名水に選ばれている地らしい。



水があれば、何とか生き延びられる。



僕は白州に向かって歩いた。



やはり夜は冷える。


「ピキッ」


右足の次は、左足に激痛が走った。


もう信じられないくらい痛い。





拷問を受けているかのような痛みが、

歩いていても、止まっていても、常にまとわりつく。


靴一足分くらいの小さな歩幅で、なるべく足に衝撃を与えないようにして歩く。


普段ならなんてことのない、歩道の段差を上がることさえも一苦労だった。






やっと白州の標識が出てきた。


あと2km…。


たった2kmだが、今の僕には遥か遠くに感じるような距離だった。







あと1km…。


足の痛みはもう限界。


ここまでの1kmを20分以上かけて歩いた。




24時間TVで100kmマラソンがある。


最後のゴール付近のランナーを想像してみて欲しい。


今の僕はあんな感じだ。






24時間TVは感動を誘っているようで嫌いだったが、

そんだけ走ったら、感動して欲しいと思うくらいしんどいと思う。


ありゃ尋常じゃない。


何か強い意志が無いと絶対に成し遂げられない偉業だと思う。


あれはプロの偉業だよ。



死ぬほど痛いって、なかなか経験がないと思うが、本当に死ぬほど痛い。



しかし、あと少し先にゴールがあると思うと、

その痛みを我慢してでも、

「何としてでも辿り着きたい」という気持ちが湧いてくるのだから、

人間は不思議だ。




またさらに30分くらい時間をかけて、やっとの思いで道の駅はくしゅうに辿り着いた。






「やっと着いたー!」


時刻は18:55。


着いた途端に、今までの辛い気持ちが一気に吹っ飛ぶ。


きっとこの感情を達成感と言うのだろう。

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。