【最終話】『僕の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

5 / 17 ページ

前話: 【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第1話】〜生きようと決めて1年間闘い続けたら、過去がすべて今に繋がっていた話〜

この話は、またいつか機会があったらお話ししたいと思う。



話を戻そう。



こんなことがあって、僕は誰にも頼ることが出来なかった。


誰にも頼ってはいけないと思っていた。


いや、違う。


迷惑を掛けるのが嫌で、頼らなかったんだ。


心配させ、困らせるのが嫌で、頼らなかったんだ。


いつだって、「頼っていい」と言われていた。


いつだって居場所は用意されていた。


そこに行かなかったのは、どんな理由でもなく、

僕自身の意思だった。



この旅で、たくさんの人に助けられてきた。


自分から話しかければ、必ず良くしてくれた。


何もしなくても、手を差し伸べてくれた。


その時は、いつも感謝の気持ちでいっぱいだった。


助けてくれて申し訳ない…。

なんて気持ちではなく、


助けてくれて本当にありがとう!

という気持ちでいっぱいだった。


そして、その助けが無ければ、

今僕は、この場所に立っていない。


きっと途中で諦めていただろう。


もしかすると、本当に死んでいたかもしれない。



人は独りでは生きていけない。



そのことを思い知った。



そしてどんな時も、手を差し伸べてくれる人は必ずいる。



僕は身をもって体験した。



人を頼るのは、悪いことじゃない。


人に助けを求めるのは、間違ったことじゃない。



「頼ってもいい。」



そこで生まれる新しい出逢いがあり、


新しい感情がある。


そして、新しい未来がある。




うつ病は「甘え病」「構って病」とよく言われる。


確かにそういった部分もあるかもしれない。


でも、ずっと甘えたかったんだ。


ずっと構ってほしかったんだ。


存在を認めて欲しかったんだ。



僕はきっとそう思っていた。


しかし、これらはすべて、自分自身の問題。


本当はいつだって居場所は用意されている。


必要なのは、

甘えることでも、

構ってもらうことでも、

認めてもらうことでもなく、


自分自身を許してあげること。

自分自身を認めてあげること。


過去に何があろうが、自分はここに居てもいい。


ピンチの時は、手を差し伸べてくれる人がいる。


自分から求めなくても、必ず手を差し伸べてくれる人はいる。


それに、いつだって、助けられているんだ。


家族にだって、友達にだって、

数え切れないほど多くの人に、

多くのモノに支えられている。


ただそれに気が付いていないだけ。


当たり前になってしまっているだけ。


どんな状況、どんな状態であっても、


「生きている」


という時点で、支えられているんだ。

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。