【最終話】『僕の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

6 / 17 ページ

前話: 【第17話】『奇跡のおばちゃん』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜
次話: 【第1話】〜生きようと決めて1年間闘い続けたら、過去がすべて今に繋がっていた話〜


生きているだけで素晴らしいとはよく言ったものだ。


「生きてるだけなんて意味ねぇ!」


そう思っていた。


でもこれは、何もしなくてもいいということではない。


生きているだけで、

ただここに存在しているだけで、

多くのモノに支えられ、

感謝すべきモノに溢れているという意味なんだと思う。


そして、


生きているだけで、

ただここに存在しているだけで、

誰かの支えになり、

誰かの生きる意味になっている。



すべてが繋がっている。



何両にも連なった電車が、1両脱線するだけで、

他のすべての車両は動けなくなってしまう。


それ以上前に進めなくなる。


前に進むためには、切り離すしかない。


それでも、自分よりも後ろに連ねた車両達は、前に進めない。


残されたモノは、それ以上進めなくなってしまう。


だから、走り続けなければならない。


すべてを連れて、前に進み続けなければならない。



自分の荷台は、プレッシャーや責任、

失望や後悔、不安や迷いでどんどん重くなっていくだろう。


独りでは到底引っ張っていけないだろう。


だからこそ、多くのモノと一緒に引っ張り、

引っ張られ、前に進んでいく。


何一つ欠けてはならない。


どんなことも、どんな人も、


自分を動かしている原動力になっているのだから。


そして、辿り着いた次の駅で、

重たくなった荷物を降ろしていけばいい。


前に進むのは、ほんの少しずつでもいいんだ。


ただ、それを繰り返す。


必ず辿り着く場所はあるから。



ゴールは消えない。



いつだってそこにあるんだ。



いつだって自分の中にあるんだ。



僕は探し求めていた答えを見つけた気がした。



前に進むに連れて、視界は開けていく。





大きな標識が現れる。





この先は突き当たり。


国道8号線に変わる。


相模湖から歩き続けたこの道が、すぐそこで終わる。


僕の旅が終わる。



僕は日本海に辿り着き、

目の前に開ける大きな海原を見ながら、

感動的なフィナーレを迎えるのだと思っていた。


泣き崩れ、今まで乗り越えてきたことを思い出し、

達成感に満ち溢れるものだと思っていた。



そして、8号線に突き当たった。


壁に突き当たった。


そう、壁に…。



目の前は開けるどころか、壁だった。


堤防で日本海が全く見えない…。


想像と違い過ぎる…。


更に、海に出れそうな場所も無かった…。

著者の坂内 秀洋さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。